スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレサ・デ・アヤラと娘マリア

テレサ・デ・アヤラ(1353-1424)ドン・ペドロの愛妾の1人
マリア・デ・アヤラ(1367-1424)ドン・ペドロとテレサの娘

ちょ、待てよ。1353年生まれだと?
おとーさま、テレサとベアトリスは同い年なんですけど(汗

母娘ともにトレドのサント・ドミンゴ・エル・レアル修道院長となった。
テレサはごく幼いマリアを連れて修道院に入ったようだが、ドン・ペドロの死の前後に庇護を求めて身を寄せたのか、もしくは新王の意向によるものか、経緯は不明。

カタリナ・デ・ランカスター(1372-1418)が、カスティリアへ輿入れしたのは1393年。
この後、王妃とこの母娘はそう時をおかずに対面していたようだ。
マリアとカタリナ王妃は叔母と姪、王妃とホアナ・デ・カストロの孫コンスタンサ(?-1478)は従姉妹同士であるが、彼女たちは単なる親族以上の親しい関係を続けた。

テレサとマリアは同じ年に亡くなり、ともにトレドに埋葬された。
ここにはドン・ペドロがイサベル・デ・サンドバルとの間にもうけた庶子、サンチョとディエゴ兄弟も埋葬されている。
トロで獄死したサンチョの亡骸は、テレサが1409年にトレドに移して埋葬を行った。
ディエゴの亡骸は、1448年に娘のカタリナ・デ・カスティリア(同修道院長)が移させたものである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

なんてこと……
おとーさまはロリコンだったのですね。シクシク
この情報、一年前に知っていたかった!
王様の子供たちのお墓参りがしたかったです~
私ったら、トレドではなぜかエンリケの墓参りをしてましたよ…。
地図を見たら、サント・ドミンゴ・エル・レアル修道院ははじっこの方にあるのですね。次の機会に。

Mlle Cさまへ
そーなんです。おとーさまはロリ…涙で言葉が詰まります。うぅ
サンチョとディエゴがトレドに眠っている、というのは以前どこかで読んだ気がしてましたが正直彼らにはあまり興味が(自粛
サンチョがトレドに埋葬されたエピソードはちょっと感動的でした。テレサはまだ愛妾同士の駆け引きを知らない少女だったのでしょうね~。「アンヘラの飛翔」のアンヘラのような純粋な心の持ち主だったのかもしれないと妄想しています…。
ところで最近入手した本に王様の墓所の写真がありました。畏れ多い気がします(白黒でよかった…
青池先生の描写のように遺骨箱は6個ほど見えるのですが、いったいどんなメンバーだと思いますか??
王様、マリア、アルフォンソ、ホアン、フェルナンド…?王様の後ろに大き目の箱があるのでもっとおさめられてるのかなぁ…?

Mlle Cさまへ(追伸)
テレサ・デ・アヤラの両親ですが、父はトレド市長のディエゴ・ゴメス・デ・トレドでした。(ガルシ・アルバレス・デ・トレドの親族で、トレドの町をエンリケに明渡すようにそそのかしたオヤジ)
母イネス・デ・アヤラはエンリケの年代記を書いたアヤラの姉(妹)でした…。
トレド家はナヘラの戦い(1367年)を前にトラスタマラに寝返っています。そのため娘を修道院に入れたのかもしれません。
ところで今日はひどい頭痛に見舞われてまともに仕事ができなかったので1日妄想にふけっていたのですが、そういえばファドリケと王様が一緒に埋葬されているとどこかに書いてあった気がするのです。あら、ちょうど6人分…?(笑
頭痛が治まったら資料を漁ってみようと思います。

アヤラと言う名前からもしや……と思っていましたが、やはりエンリケの太鼓持ち歴史家(←ひどい)アヤラの親戚でしたか!
ええーっ、ファドリケは王様と一緒に眠っているのですか?
それはファドリケ君安眠できなさそーな…。
私も昨日つらつら考えていて、テレサはイサベル・デ・サンドバルに追い出された愛妾の一人だった可能性はないのだろうか?と思っていたのですが、それならイサベルの子供の遺体を引き取ったりしないかな~。
イサベルにいぢめられたにも関わらずサンチョを埋葬したとしたら、聖女のような女性ですよね。
王を裏切った親族たちの罪を償うつもりでもあったのかもしれませんが…。

Mlle Cさまへ
ドン・ペドロが愛妾たちに暇を出したのは、アルフォンソが亡くなった直後の遺言書中なんですよー
マリアの生まれる前年(1366年)、エンリケは傭兵部隊を率いてカスティーリャに侵攻します。ドン・ペドロはこれを迎えるべくトレドに陣を構えた後、ガルシ・アルバレスにトレドを任せてセビーリャに向かい、ガリシアからバイヨンヌへ渡ります。もしかしたらこのトレド滞在時にテレサと知り合い、翌年再びトレドに戻った時に娘の誕生を知ったのかもしれないなーと思ったりしてます。
もしかしたら娘の誕生すら知らなかったかもしれませんが…
ファドリケ情報は引き続き探索中です。
まずは資料整理から始めなければ(涙
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。