スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月8・9日 札幌→東京→マドリッド

2月8日(火)

初スペイン上陸を前に体調には万全の注意を払っていた私。
ところが雪道で透明ビニール袋に気付かず踏んでしまい「姫に求婚する王子のポーズ」でこけて捻挫。
数日装着したギプスをはずしに行く時間がなく「自力でギコギコするしかないのか?」と思い悩みつつ病院へ電話すると「旅行用のサポーターの用意とかありますから」と言われ、なんとか時間を作って出発当日にはずすことができた。ホッ。
帰宅後、札幌発快速エアポートで千歳空港、羽田へ。そして前泊。


2月9日(水)

成田へ移動。エコノミーが満席でビジネスクラスに変更。ラッキー♪
午後の便で快適にフランクフルトへ出発。フランクフルト空港ではドイツに入国する人たちにくっついてエスカレーターに乗ってしまったうかつな私。
気がついたときには引き返すこともできず、下りのエスカレーターもない。ターミナル内を見学しつつ遠回りに移動。40分遅れのイベリアでスペインへ出発、マドリッドバラハス空港到着。

タクシーの運転手さんに「オテル・クラリッジ」と言っても通じない。
地図を見せたら「クラリッヒ」と訂正され、正しい発音をするまで復唱させられる。鬼畜!
確かに普通に読んだら「クラリッヒ」なんだけどホテルリストはどれも「クラリッジ」って書いてあったし。ちなみにタクシー料金25ユーロ。「クラリッヒ」のロビーには日本人宿泊客がたくさんいた。

フロントで「英語とスペイン語とどっちで説明する?」と聞かれ「スペイン語」と言うと「スパニッシュ!?」と大声で驚かれた。驚くくらいなら聞くな。
24時をまわっていたのでベッドへ直行。朝までぐっすり
…のはずが、ボン!という音で目が覚めた。部屋は真っ暗、何かの焦げたにおいがする。取り急ぎケータイとキーを持ってフロントへ。
「電気が消えてつかないし、なんか臭う!」と訴え、少々まるいおじさんと部屋に戻る。おじさんは部屋の点検をした後、廊下にある小部屋に行って何かをし、部屋のブレーカーを上げにっこり笑ってこう言った。 「ノープロブレム」

「本当に大丈夫なのか?」と聞き返すとおじさんはにっこり笑って「ノープロブレム」
本当かよ!!部屋に立ち込めた異臭と不安で眠れず(まだ4時前なのに…)ついでに寒かったのでお風呂に入って朝までしのいだ。
バスルームが異臭を免れてて良かった…ってか別の部屋を用意してほしいと切に願う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。