スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国語の本

外国語の本を読むときって、皆さんどういう読み方をしてるんですかね?
私の場合、とりあえず読みながら「ココ重要」と思う部分には付箋を貼り付けていき、訳を文字に残す作業はほとんどしない。
頭の中ではわかっても、それを日本語の文章にするのってすごく難しい。
当然マルティン・ロペス本もそんな調子で読んでしまったので、もう一度読み返しながら「重要!」と思う部分だけ日本語に訳してノートにメモしていく。
が、ついつい目だけが読み進んでしまい「こりゃいかん」と、また戻ってメモ。
なんだか暗い気分になってくるので、気分転換にと他の本をチラ見してたらついつい読み込んでしまい「はっ!これもメモ残しながら読めばよかった…!」と後悔したり。
脳を酷使するせいか、頭がもげちゃうーと思うほどグラグラしてきて、気がついたら犬と一緒にグースカ寝ちゃってたり。
あぁ、こうして書き出してみると、なかなか作業がはかどらないはずだ(涙
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私も和訳はあまりしません。と云うより語彙が足りなくて出来ないんです。シクシク
読むのは一章ごとと決めています。辞書をひいてもうまく理解出来ないところは赤の付箋。記録したい箇所は青の付箋を貼りますが、時々付箋だらけになって???状態に陥ります(涙
ノートは感想も含めて箇条書きの殴り書きです。私の場合、2時間以上続けたら頭がもげますが英語の師匠からは「一度もげた方がいい」と言われてます(泣

ねこだましい様へ
>語彙が足りなくて
私もそれを痛感します!スペイン語より日本語の勉強しなおした方がいいんじゃないかと本気で思います。
そして私の本も付箋だらけ。
ずっと前に付箋をしてそのまま忘れてたら、のりの部分だけ色が変わってたんです。えええ!
それ以来、大切な本の場合はコピーをとってそこに書き込んだり(やっぱり殴り書き)するようになりました。
私の場合2時間も続きませんよー!
最近気付いたのですが、心情的にツライ部分になると頭が動かなくなります。いくらがんばっても意味がまったく通じないんです。
改めて翌日読んでみるとあっさりわかったりするんですけどね。
要するにぐうたらな私の頭…私も1回もげた方がいいかもしれません(涙
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。