スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフォンソ・エンリケス

身も蓋もないことを言うようだが私はアラゴンに興味がない。
カスティリアに関わる部分に関しては目を通すけれどその他はさっぱりだし、アラゴンの地名は主要地しかわからない。しかもそれすらもあやしい。
イサベル女王は尊敬するけれど夫のフェルナンドには興味がない。
それでもフェルナンドの血筋には一部惹かれるものがある。

父方をたどると
アラゴン王フェルナンド2世(カスティリア王フェルナンド5世)
   ↑
アラゴン王フアン2世   フアナ・エンリケス
   ↑
アラゴン王フェルナンド1世   レオノール・ウラカ・デ・カスティリア
   ↑
カスティリア王ホアン1世   レオノール・デ・アラゴン(アラゴン王ペドロ4世王女)
   ↑
エンリケ・デ・トラスタマラ   ホアナ・デ・ビレナ(ホアナ・マヌエル・デ・ビリェナ)

フェルナンド1世の妻レオノール・ウラカ・デ・カスティリアの両親は、父がサンチョ・デ・カスティリア(エンリケの弟)、母がベアトリス・デ・ポルトガル(ポルトガル王ペードロ1世とイネス・デ・カストロの娘)
派手な血筋である。

それに比べて地味に感じるのが母方の血筋。
フェルナンドの母はフアナ・エンリケス(1425-1468)
その父はカスティリア提督ファドリケ・エンリケス(1390-1473)
そして祖父はアルフォンソ・エンリケス(1354-1429)
ファドリケの庶子の1人。

ブランシュ・ド・ブルボンとファドリケには不義の噂があったが、2人の間に生まれたと噂されたのがアルフォンソ・エンリケスらしい。
オルティス・デ・スニガなる人物によれば、1354年頃1人の赤ん坊がファドリケに仕えるユダヤ人夫婦のもとに
預けられ、その夫婦の息子を装って育てられた。
20年後にファドリケの嫡出子と認められて洗礼を受け、すでに王となっていたエンリケ2世がその代父となり、
アルフォンソ・エンリケスは一家系を授けられた、とある。

この庶子をなぜ20年間も密かに育てなくてはならなかったのか?
そしてその庶子に多大な栄誉を与えたのはなぜなのか?
1354年頃ブランシュ・ド・ブルボンが密かにファドリケの子を出産したという噂とあわせ、このアルフォンソこそがその子なのだという憶測が流れたのだとか。

んー。スニガは司教館の記録とか調べたのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フェルナンド二世ってファドリケの直系だったんですか?!
アラゴンには興味ないから調べもしなかった(←オイ)
ブランシュとファドリケの不義の噂にはかなり懐疑的なんですが(といっても特に根拠があるわけでなく、単なる直感。高貴な人、特に女性を貶める手段としては「不義」は十八番なので)、ブランシュの血が私の愛するフアナ・ラ・ロカまで繋がっていると考えたら…興奮しますぅ~。
しっかしほんと血が濃いですね。

Mlle.C様へ
実は私も「フェルナンド2世ってどんな血筋なの?」なんて全然考えたことなかったんですよー
ある日、ふとファドリケの子孫を辿ってみたら見覚えのある名前に行き着いてびっくり(笑
私もブランシュとの不義に関しては懐疑派です~。なぜこのようなロマンセロが広がったのかわかりませんねぇ。
以下私の勝手な推測(妄想)
ブランシュとドン・ペドロの間に世継の王子が生まれたとしても「あれは不義密通の子だ!」と宣伝するための策略。当然エンリケの。
アルフォンソ・エンリケスがドン・ペドロの死後までかくまわれたのは、ファドリケ派の旗印と見られることを恐れたから…かなぁ。
その後の破格の待遇はエンリケ恩寵王ならではの大盤振る舞いでしょうか。
ファドリケを陥れたとする噂を打ち消すためだったかも。
双子の弟の遺児に対する純粋な哀れみとは思えませんぜ。
ところで英仏戦争のゴタゴタがらみのせいなのか?ブランシュは生家にも忘れられたかのように見えるのですが、彼女はどうやって生活を維持してたんでしょう??
たまにエル・レビにせびってた、失敬、援助を受けていたようなのですが(涙

おおおお~~~さすがはくみぞう様。
なるほど!と納得してしまいます。
エンリケは自分が優位に立つ為には何でも利用しそう。
必要とあらば双子の弟や妹を平気で犠牲にするし。
青池先生もファドリケとブランシュ姫の不倫関係には懐疑的でしたね。やはり「アルカサル」でのロペス様を密かに慕ってしまう悲しい女性像のイメージがついてしまったので、私も懐疑派のお仲間に入れて下さいませ。
くみぞう様が時間とお金をかけて苦労なさって調べたお話を、いつもこちらでなんの苦労もせずに『タダ』で教えていただいてホントに恐縮でございます~

RINO様へ
仲間♪仲間♪懐疑派仲間~♪
言葉の壁にぶち当たって時間がかかることはありますがお金はあんまりかかってませんよ♪
タダが一番です!
資料を調べてても調子のいい日には「私ってスペイン人!?」と、
かなりいい気になるほどスラスラと読み進めていけるのですが、これが逆だとまったく手も足も…
次の日に「どうして昨日これがわかんなかったんだろ…」と思うほどだったりします。
きっととりあえず開いてはみるものの、わかる気がないんでしょうね。
もっとがんばらなくては~~

私の想像では、ファドリケとブランシュ姫とのロマンスの噂は100年戦争の最中、フランスの吟遊詩人らが好んでアーサー王伝説の中にフランスの騎士ランスロットとアーサー王の妃との恋物語を創作したことが少なからず影響しているように思うのですが年代的な裏づけはありません。
ファドリケの庶子をエンリケが高待遇で迎えたのは絶対的な味方が欲しかったエンリケにとって金で釣れる好都合な存在だっかから。エンリケが王位を継ぐまでは忘れ去られていた存在だった。
なぁんて妄想しています。

先日から書き込むのですが、表示が・・・(涙)
気を取り直して!再再挑戦!!(ガッツ)
系図って、楽しそう、なんですね。
勿論大変な作業なんでしょうけどネ。
想像がダダダッ!と押し寄せてきそうは気がします。
ブランシュ姫の家計簿>
王様は出してくれなかったのかしら?
ブランシュの不幸は、フランス介入の
大きくないけど、小さな大義名分かなって思っていたのですが・・・
もう無関心だったのですかネェ。
エンリケ好きとして>痛いコメントが(苦笑)
まぁ茨道だから、仕方ないですね(大苦笑)
これが表示できたら、万歳三唱~(古)

ねこだましい様へ
なるほどー!設定などはかぶりますもんね!
アーサー王伝説が盛んになったのは100年戦争のあたりなんですか。知りませんでした。ひとつ賢くなりました!
そういえばエドワード3世はアーサー王オタク(?)でしたよね。
庶民の俗謡にまで広く歌われていたかはわかりませんが、領主の館に招かれた吟遊詩人を通して広まっていたかもしれませんね。ドキドキ
ドン・ペドロの死後すぐではなく、数年たってからというあたり、なるほどエンリケの都合が見え隠れしないでもないような…!

希様へ
表示がおかしかったですか?
自分では気がつきませんでした。
王様が「これはブランシュの生活費」として封筒に入れてくれるはずはないので(笑)財務官に直接お願いするしかなかったのでしょうね。
ブランシュ名義の領地などもあったものと思われますが、一体どのようになっていたのやら??
傭兵をイベリア半島へ吐き出す口実としてブランシュの名が挙がってはいますが、ブランシュのために剣を取った親類はほんの数名ですし、この辺の内情はよくわかりません。
エンリケは自業自得ですからねー(笑)
年代記でドン・ペドロを散々おとしめたのですから、遠い東の国で非難を浴びるくらい当然の仕打ちですよん♪
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。