スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカサルナイトツアー(セビリア)

セビリアのアルカサルでナイトツアーが行われています。
イベントの様子はこちら↓
Visitas Nocturnas

チケットの購入はこちら

Visitas Nocturnas del Alcázar の表示がない場合は開催日ではないか売り切れです。
セビリアを訪れる予定の方はぜひ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほほぅ、これは楽しみですな(^^)  できれば満月の夜にいってみたいです。
2011年2月に私が見たのはほんの一部のエリアだったんだろうと思います。これはツアーだからガイドと一緒に回るか、ヘッドフォンを聞きながら回るんでしょうか。くみぞうさんのガイドでまわるたいですぅ!!

cachacaさま

私が行ったときには2階部分の見学不可だったんですよー!
事前予約での団体見学か期間限定でした。
今では通年で公開されてるんですね。

これはガイドさんにぞろぞろついて行くんだと思います。
あえてはぐれてあちこちふらついてみたいですけどね~
私がガイドだったらいろんなプランを考えますよ!
・クイズ!池に浮いてるオレンジは何個でしょう?(要水着)
・アルカサル庭園ツアー迷子の王女たちを探せ!
・ファドリケの無念を晴らせ!王の刺客から逃れられたら城1個!(5月末限定開催)

参加者集まるかなー(笑

No title

私もあえて団体に参加しなかったんですが、団体だったらもっと見学できる場所が多かったんでしょうか。
ツアーを組むのは例えばミュージシャンのファンクラブが主催するツアーがありますよね。私、2回ほど主催者側の一人として無料でイギリスまで連れて行ってもらいました(^^)。募集の方法を考えつけば10人くらいは集まるんじゃないかと思います。作者のHPで募集できれば最高ですが、これは無理かな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

cachacaさま

cachacaさまは2階の一部を見学できたんでしたよね?
私が行ったときには2階部分は団体のみ公開だったんですよー。
他は個人との違いはなかったと思いたいです(笑
ファンクラブ主催のツアーなんてあるんですか!
サッカーの0泊何日みたいなのしか思い浮かばないです。すいません(笑
秋田書店で「青池先生と行くカスティリア王国の旅」なんて企画してくれないかなぁ~とは思います。
現地集合、現地解散でもいいですよね。
むしろその方が私は嬉しいのですが…と言うのは、私、普段から食事を一緒にする機会の多い人以外と食事に行くと胃痛に見舞われるのです…古くからの友人との年に1度の食事も苦行の場になったり。
さらに残念なのはただでおいしい食事にありつけるときですね(笑
1人だと大丈夫なんですけど…なぜだろう。
なんとか克服していつかセビリアのバルで王様ファンの夕べを楽しみたいです!

No title

2階の一部は見学できましたが、カトリック両王になってからのものだったように記憶しています(間違ってたらすみません)。ファンクラブツアーはどこでもやってますよ。私は会報の記事翻訳をずっと無償でしていたのでツアーの時に無料で参加させてもらったんです。エアーとホテルは旅行会社が手配して、ガイドやチケット手配はクラブのメンバーがするという形。

>秋田書店で「青池先生と行くカスティリア王国の旅」なんて企画してくれないかなぁ~とは思います。
もちかけてみたら?  でも青池先生はツアーは苦手そうに思えます(^^)
そこで秋田書店にくみぞうさんが私がガイドしますからと言ってみる(^^)  でも面識のない人と食事するのは苦手なんですね。残念

cachacaさま

> 2階の一部は見学できましたが、カトリック両王になってからのものだったように記憶しています
多分そうだったと思います。通常全てを公開してるわけではないみたいなんですよね。

ツアーのご招待は無償の働きのご褒美ですね!
まず私にガイドが無理なのは言葉の問題ですね(笑
食事に関しては本当に困っているのですが、いくら親しくてもたまに会う程度だとだめなんですよー。
兄もダメ、中学からの友達もダメでした…
逆にちっとも親しくなくてもしょっちゅう会食するような相手だと平気なんですよね。
私の胃袋が繊細なんでしょうか。本体と違って(笑
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。