スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加しました◆ペトリスタのための旅地図

追加しました

◆カスティーリャ・ラ・マンチャ
【モリナ・デ・アラゴン】
 ・モリナ城

◆アラゴン
【サラゴサ】
 ・アルハフェリア宮殿

【タラソナ】
 ・タラソナ城

◆アンダルシア
【ヒブラレオン】
  ・ヒブラレオン城

【セビリア】
  ・サンタ・クララ尼僧院

◆ムルシア
【フミリャ】
  ・フミリャ城

◆ナバーラ
【トゥデラ】
  ・トゥデラ城

◆パイス・バスコ
【ベルメオ】
  ・ベルメオ

【ゲルニカ】
  ・ゲルニカの木

【ビルバオ】
  ・ラ・ビエハ広場

◆カスティーリャ・イ・レオン
【ロア】
  ・ロア城

◆バレンシア
【アリカンテ】
  ・サンタ・バルバラ城

◆ポルトガル
【エヴォラ】
  ・エヴォラ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うれしい発見があったので、ここに書かせていただく事をお許しください。

私のスペイン旅行が決まったことで、いろいろな本を読んで勉強していたら

「新アルハンブラ物語」安引宏・佐伯泰英 新潮社 の本の

専制下の文人政治家たち P80(80ページ)に、ドン・ペドロ1世の事が書かれていました。

<カスティリア王ペドロ1世の招きで、、、

<カスティリアのペドロ1世は、亡命してきたムハンマド6世をみずから絞め殺し、
その首を引き出物として、復位したムハンマド5世に贈りとどける。、、、

<イブン・ハルドゥーンはスルタンの依頼で、
カスティリア王ペドロ1世と友好条約を結ぶために、グラナダ王国を代表してセビリアの宮殿におもむく。、、、

と、ドン・ペドロ1世の名前を発見して、うれしくて興奮している私なんです。

私のスペイン旅行は、去年4回目の癌の手術後やっと実現するわけですが、
理想の自由旅行は無理だったので、ツアーにしました。
13日間でゆっくり周遊(南スペイン)し、セビリアのアルカサルをじっくり観光してきます。

カルモナのパラドールには宿泊できないのが残念ですが、
アルハンブラのパラドールに2泊するので、ドン・ペドロ1世の足跡を少しでもたどる旅になるのでしょう。

うれしくて、涙がほろり、、、。

以前教えていだだいた パスワードから変わってしまったのでしょうか?
旅行前に再度このブログで、勉強しなおそうと考えていましたが、できませんでした。

いのぶーさま

イスラム教国側から伝わるドン・ペドロ伝は、残酷!とか冒涜!とかいちいち騒ぎ立てないところがいいですね。
血で血で洗うの当然でしょ?的な(笑

ほんの数行でもドン・ペドロについて記述があるのを見つけると嬉しくなりますよね。私も同じです!
その数行のために本を購入するかどうかが悩ましい…笑

旅行楽しみですね!
ツアーだと気を張らずに旅ができていいじゃないですか。
一人旅だと詰め込みすぎてムリしがちですから今回は訪問先を絞りつつ、がんばってきたご褒美と旅の思い出を今後のpowerにするための充実した旅にしてくださいね。
アルハンブラのライオンも待っていますよ!

パスワードは変えてないはず…と思ってたのですが、以前のブログはユーザー名とパスワード入力でしたね。
こちらのパスワード欄には以前の「ユーザー名」を入力してください。
もしアクセスできなかったらもう一度お知らせください。

No title

「ユーザー名」の入力で、入れました。ありがとうございました。


マドリードの国立考古学博物館にて、
「ドン・ペドロ1世の祈祷像」に会えるのを楽しみにしていたら、、、なんと
11月末日まで新館増設のために、閉館中の文字が!!

が~ん、、、、がっくり。

考古学博物館の前で暴れている日本人のおばさんのニュースが出たら、、、それは、私です。

カルモナのパラドールでのドアのたたく音、
マントをひるがえして馬にまたがる騎士の姿、私信じます。

イスラム教とユダヤ教とキリスト教の融合のスペインの歴史を、肌で感じてきたいと思います。

No title

マドリードの考古学博物館の

ドン・ペドロ1世の祈祷像×    

○礼拝像でした。間違いを許してくださいね。

いのぶーさま

OH…考古学博物館閉館中だったんですね!しかも去年から!
マドリッドに行くならオススメ!してしまった。ここでごめんなさいしておこう…
もう一度会いに来いという王様からのメッセージと思って暴れるのは控えめに(笑
セビリアのドン・ペドロの首は見に行けそうですか?
アルカサルにかかっている肖像画は高くて暗くてよく見えないので双眼鏡を持っていけばよかったと思いましたよー。

カルモナでの不思議体験も次のお楽しみですね!
信じる者の前には王様もロペスも姿を現しそうな気がします。
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。