スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ebookをiPhoneで読む

ここ数日、PCにダウンロード済のebookをiPhoneで読めないのか?と四苦八苦していた。 購入先の書店サイトにAdobe Digital Editionsしか保証できないよ、みたいなことが 書いてあったので、今まではなんの疑問もなくPCにてコレを利用。 ところがいざiPhoneで読みましょうと試してみると文字化けして読めない。 なんで…なんでなの…と悩む私に天の助けが! 秋津羽さま、アホな私を見捨てずに導いてくださりありがとうございました!! Bluefire Readerを入れて無事読むことができた…! 部屋の隅に積み上げられていくこともなく、PCでもiPhoneでも読める。便利ー。 本棚に1冊2冊と並べていくことも楽しみのうちなので、日本国内で出版されている本は 従来通り購入すると思うけれど、どんな内容なのかわからない、送料が高い…で躊躇していた スペインの出版物はebookで購入する機会が増えそうだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Bluefire Readerで無事に読めたのですねー。良かった良かった♪
Adobe DRMつきの.epubはiPhoneで読めると メモメモ φ(。。)
.acsmのこととか、Adobe Digital Editionsとか、Stanzaとか、使ったことがなかったので、私も勉強になりました。
洋モノのebookは.epubが多い印象なのですが、スペイン語のebookもそうなのでしょうか。そうだとしたらKindleでなくiPhoneにして正解かも。Kindleの電子ペーパー画面は個人的には凄く気に入ってるんですが、.epub読めないですからねー。
それではまた。快適な読書をお楽しみください!

秋津羽さま
本当に助かりました!感謝です!
私が購入するスペインの書店では.epubを使用しているようです。
以前入手不可になっていた本が電子書籍になっているのを発見したときの感激といったら!
ドン・ペドロ関連のものはできるだけ現物で入手したいですが、絶版になった本が電子書籍で復活購入できるなんて嬉しいかぎりです。
本当にありがとうございました!

eBook、うちもいいなぁと考えてるんですが、携帯ですら先日買ったばかりなので(仕事も自宅なので必要性を感じない)、iPad の利用価値を計りかねているところです。マックブックは対応してないようです。

cachacaさま
私もeBookってよくわかってなかったのですが、実際使ってみるととってもGOODです!
iPhoneも変えるつもりはなかったのですが、外出先での利用には重宝します。
家にいるときには使わないかなぁと思っていたのですが、わざわざPCを開かなくてもネットはできる、
本は読めるで、もともとぐうたらな私にはこれまたGOOD!
でもiPadまではいらないかなぁとか思ったり。
マックブックは対応してないんですね。
先月、娘用にノートPCを買い増したのですが、AirかDELLか悩んだ挙句、
使い慣れてるという理由でDELLにしました。
Airはさすがに薄くて軽くてスゴイ!と思ったのですが、なんせ使い方がわからなかったんです(笑

マックブックはつれあいが持ってるんですが、海外に出て無線で使おうとすると、すんなり使えません。PCならすぐなのに、マックブックはなぜか設定を変えたりしないとつながらないんです。今回も無線ではなく、ケーブルでつないでます。

cachacaさま
海外だとなんか規格が違うんでしょうかね⁇
先日自宅の無線LANの設定を少々変えただけでくたくたになったのですが、なんとかつながり一安心です。
無事繋がるといいですね。やっぱり無線だと便利ですからね。
ただいま北部より会社に戻る途中ですが、吹雪で前が見えなくて怖過ぎです!
後部シートから愛をこめてレスしてます(笑)

シートから熱い愛をありがとう(^^)
ところでファルコの世界に行けそうです。ウィーン近郊の名所を探していたところ、下の修道院を発見。シトー派として史上2番目に古く、現在も修道院として実働しているものとしては世界最古だそう。スペインから帰って、2月末か3月初めくらいにいってみようかと思います。つれあいもこういうの興味あるんですよ。獅子王リチャードを誘拐したレオポルド5世の墓もあるそう。
http://stift-heiligenkreuz.org/English.kinder-und-jugendfuehrungen.0.html

おや、ハイリゲンクロイツ。
マイヤーリンクでルドルフ皇太子と心中したマリー・ヴェツェラが葬られている所ですよね。
先日同僚との間でこの修道院の話題が出たばかりなので(どんな会社だ)なんかタイムリーで思わず横レスしちゃいました。

Mile C さん、恥ずかしながら、「マイヤーリンク」??でした。それでちょっと調べてみたら、映画まであるじゃないんですか。ただ、私はシシー辟易なもんで(^^; あくまで、「ファルコの世界」にひたってみたいです。

cachacaさま
白いお坊さんがたくさん!
まさにファルコの世界!いいですね~。
ヨーロッパ生活、満喫してくださいね。
スペインの旅の様子もお聞かせください!!
Mlle Cさま
趣味のあうお仲間のいる職場でいいですね~。
春になったら私も仲間を求めて習い事でもしようかな。
職場では得られそうにないので(笑
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。