スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エロイカ」の歩き方



「エロイカより愛をこめて」作品舞台を巡る世界の旅
「エロイカ」の歩き方
「聖地巡礼」の決定版!
旅先で青池作品のハイライトシーンが回想できる
伯爵や少佐と一緒にヨーロッパ諸国を旅しよう

『アルカサル―王城―』の作品舞台も収録←!!!!!


12月18日(土曜日)に到着し、週末にじーっくり読んだ。
エロイカファンにとって待ちに待ったガイドブックの登場。
いつか私もこの本を片手に各国を訪れてみたいものよ…
かつて海外の観光地で『地球の歩き方』を広げる日本人が多く見られたそうだが
(私は1人しか見たことないけど)今後は『「エロイカ」の歩き方』を広げる同志の姿が見られるかも?

おまけ的な扱いだが、アルカサルの舞台となった町も取り上げられている。

都市/エリア別(8都市)
カルモナ、グラナダ、コルドバ、セゴビア、
セビリア、トレド、ブルゴス、モンティエル

物件別(11物件)
アルカサル(セゴビア)
アルカサル(セビリア)
アルハンブラ宮殿(グラナダ)
黄金の塔(セビリア)
カテドラル(グラナダ)
カテドラル(トレド)
カテドラル(ブルゴス)
グアダルキビール川(セビリア)
セビリア大聖堂(セビリア)
ドン・ペドロの首(セビリア)
メスキータ(コルドバ)

ブルゴスが取り上げられたのは意外。
もちろんドン・ペドロ生誕の地でもありカスティリアの中心都市ではあるのだが、
私としてはヘレス・デ・ラ・フロンテラとかガリシア方面来るかな~と思ってた。
旅行しやすい都市をピックアップしたのかな?
でも、定番中の定番アラゴン王国のバルセロナがスルーされてる。
青池先生に良い思い出がないせいだろうか(笑
英仏西葡を網羅する『「アルカサル」の歩き方』の出版を切望!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

エロイカの歩き方、まだゲットできてません(涙)
本屋四冊渡り歩いたのに見つからないって何事ー!
しかもAmazonは品切れだし…うっうっうっ
あとで大き目の本やに行ってみるとします…

Mlle Cさま
私は楽天ブックスで入手しましたよ!
現在、残り39冊だそうです。
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%80%8C%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%8D%E6%96%B9-%E3%80%8C%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%82%88%E3%82%8A%E6%84%9B%E3%82%92%E3%81%93%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%8D%E4%BD%9C%E5%93%81%E8%88%9E%E5%8F%B0%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%97%85-%E9%9D%92%E6%B1%A0%E4%BF%9D%E5%AD%90-9784048684880/item/6903774/
発売日以降本屋さんには行ってないのですが、全国的に品薄なんでしょうか…
早く入手できるといいですね。
欧州旅行のおともに欠かせない1冊だと思います!

楽天で注文しました!
残り17冊になってました(汗)
はやく増刷してほしいです。
読んだらまた感想書き込みますね♪

Mlle Cさま
楽天意外と狙い目ですね(笑
普段は発送が遅いので利用したくないのですが、今回は楽天にして良かったと思いました。
今日我が家には聖☆お兄さんが到着しましたよ。
Mlle Cさまにも早く届きますように~

エロイカの歩き方、無事手元に届きました!
私が注文した直後に品切れになったようで、危ないところだった…!
さっそく読みましたが、作りが「地球の歩き方」にそっくりで笑いました。
こういう本作るの楽しいだろうな~。
確かにアルカサル編はちょっとページ数が少なくて物足りないですね。
くみぞうさんのサイトと合わせて読むことを推奨したいです(笑)

Mlle Cさま
無事入手できてよかったですね!
>「地球の歩き方」にそっくり
こういうのっておもしろいですよね。私も大好きです。アンサイクロペディアも好き(笑
昨日から休みに入ったので記事更新をと思っています。
「歩き方」のサブ的存在になれたら嬉しいのですが…。
その前にHDにたまりまくってるスペイン関係の番組をDVDに落とさなくては!
年末年始は紀行番組が多くて楽しいですが、レコーダーを新調すべきかどうか悩む時期でもあります(涙

ゲット困難なところもあったんですね。私は近所の本屋さんで発売1週間前に予約入れました。そうでもしないと入荷しないだろうと思ったから(^^)
ブルゴスはエルシドでも有名だからかなぁと思いました。くみぞうさん、もっと詳しいのを作って「アルカサルの歩き方」の出版を促してくださいな!

cachacaさま
>ブルゴスはエルシドでも有名
あー、そうですね。
私の中では勝手に影が薄い存在と化してましたが、由緒正しい古都ですもんねー。
久々にまともな記事up第1弾として記事は用意できてるのですが、ちょっと悩んでるんですよねー。
ロドリゲス殿の墓所についてなので…悩み中です。
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。