スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカサル-王城-文庫版第3巻

alcazar3.jpg
文庫版アルカサル3巻
1月9日発売


こちらでは通常2日遅れで入荷するので、連休明けに本屋さんに行こう、
そしてこの三連休はアルカサルを1巻から読み返すのだと心に決め、
運動不足解消と暖房節約のためエアロバイクをこぎながらアルカサルを1巻から読み始めた。
タイマーを見るとあっという間に2時間経過。
飲み物とサンドイッチを作って残りのコミックスもエアロバイクから届くところに置き、再びギコギコ。
夢中で読みふけっているうちにさらに3時間経過。
そろそろお尻が痛くなってきた…とサドルを降りると膝が痛い。
なんか一気におばあさんになった気が…長時間乗るときは負荷を軽くしなくてはダメだ(涙

膝の痛みも和らいだ昨日本屋さんに出かけ無事入手。
表紙はオレンジを持つ王子様なドン・ペドロ。うっとり。
3巻目にしていよいよマルティン・ロペス登場。
ディエゴの死とマリアの嘆き(何度読んでも泣ける)が描かれ、本の厚みの何倍もの濃密さ。
何度も胃や喉がきゅうっと締め付けられ、目はちくちく、頭痛がしてきて、本を閉じる頃には抜け殻状態。
この巻の中でひそかにお気に入りのシーンは、願い事をかけたろうそくの火が消えてしまったマリアのために、彼女の願いが叶うようにと王が願をかけてろうそくを流すところ。
マリアを悲しませないように気遣いつつ「我ながらアホらしい事だな」と内心思ってるあたりのギャップがたまらん(笑

エロイカNAVIでアルカサル連載時の青池先生の苦悩が語られていたが、自分自身振り返ってみても、なぜ当時はこの魅力がよくわかっていなかったんだろう?と首をひねってしまう。まぁ、膝が壊れるほどの現在のハマリっぷりを考えると当時女子中・高生だった私がこんな状態だったらかえって怖いかもしれない…。
イマドキの子たちなら十分あり得ると思うけど、私はもっと純朴な子供だった(笑
自分なりに人生経験を積んだあとでアルカサルと再会できたこと、リアルタイムで完結に立ち会えたこと、そしてこれからも外伝でアルカサルの世界が続いていくことに改めて喜びをかみしめつつ、外伝と続刊を待ちわびている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。