スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女マンガ3人展~しものせきより愛をこめて~

7月19日~21日の三連休で「少女マンガ3人展~しものせきより愛をこめて~」に行って来た。
トークショーとサイン会には間に合わず、時間的にも体調的にも青池先生の作品を見るだけの余裕しかなかったのが残念だったが、美しい原画をこころゆくまで堪能した。
諸事情により遅れに遅れて美術館に到着した頃にはすでにサイン会が始まっていて、青池先生とファンの皆様との交流をうらやましく眺めつつ2階の展示室へ。
室内に足を踏み入れると、コミックス9巻表紙のドン・ペドロがプリントされた大きなバナーが。欲すぃ。
展示された作品の美しさに目頭は熱く、胸は高鳴る。
重厚なマントや鎧、軽やかなドレスの質感。
剣の鈍い光、それを自在に操るドン・ペドロの逞しい腕。
長い幽閉生活を感じさせるブランシュ・ド・ブルボンの肌の色。
ばら色に輝くマリア・デ・パデリヤの頬…
刺繍部分の描きこみはイラスト集などでも見惚れてしまうほどだが、実際に刺繍が施されているのではと凝視してしまうほど美しく、厚みまで感じられました。
どれもこれも溜息が出るほど美しい。コミックス12巻の表紙だったか、描き直された少佐の顔部分の重ね貼りは青池先生のこだわりの痕跡。
これほどの作品数なのにほとんど修正のあとが見られなかったような…。
あ、「パリスの審判」の原稿でBくんやミーシャのあごの辺りの線がより丸く修正されていたのが印象深かった(笑
原稿はエロイカとファルコのみでアルカサルがなかったのが非常に残念だったが、原画の中にこれまで見たことのなかったイラストが1点あり狂喜!右手に旗を持ち、鎖帷子姿のドン・ペドロのイラスト。たしか別冊プリンセスNO.9とあったような気が…
たしかってなんだ!我ながら情けない(涙
この素晴らしい芸術品が展覧会終了後には段ボール箱にしまい込まれてしまうなんてもったいなさすぎ!
お金と時間と体調が許せば期間中に再び足を運びたかった(涙
常設展示とか美術館設立とか熱烈に希望!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!下関まで行ってこられたのですね。お嬢さんと一緒に。さすが、くみぞうさん、素晴らしい行動力!
下関というと、羽田で乗り換えて山口宇部空港?そこからバス(もしくはバス+列車)ですか。と、遠い~ 暑いし……北国ですらバテている私は、想像しただけで倒れそうです。キュー、バタン。
トークショーとサイン会に間に合わなかったのは残念でしたね。
やはり原画は、印刷物とは異なる次元の美しさなのでしょうね。本当に、どこかで常設展示してくだされば良いのに。

本になったものと原画とでは精緻さがまるで違うらしいですね。
私もいつか拝見したいなあ。
>間違ってもらえたとしてどうするの?
そりゃあ、王様のためにがんばって貯金して大きな家を建てるのですよ!!
近所の方々からは「カーサ・ドン・ペドロ」とか呼ばれることでしょう…。

秋津羽さま
行ってきたんですよ~
決めるのは早いのですが荷造りを始めたのは当日の午前中なので、行動力は…微妙です(汗
旅行記というか旅程表というか…とにかく記憶が飛んでるので完全に消えてしまわないうちに書きなぐってみましたが、広島・福岡空港利用であとはもっぱらレンタカー移動でした。
電車とか車とかは快適でしたが、おそらく冷房が効いていると思われる商業施設内でも北国の人間にはきつかったです。ちょっと歩くと汗がだらだら(涙
次に機会があれば冬に開催して欲しいです。
>常設展示
秋田書店は名作を抱えているのですから、施設を作って作品を展示してもらいたいです。月替わりとか作家別の特別展とかグッズの販売とかもして欲しいですよ~。有料でも需要はあるんじゃないかと思いますが。保管とか権利関係とか難しいんでしょうか。

Mlle Cさま
私のような絵心のない人間でも感動しましたよ~。
美術館での展示ということもあり、雰囲気も展示状態も最高!名画を鑑賞している気分でした。
次の機会には、ぜひMlle Cさま姉妹でお出かけくださいね。
>間違ってもらえたとしてどうするの?
この問いに脳が蒸し煮状態だった私は反射的に、「シーツにするの」と答えてしまったんです(爆
一瞬固まった娘に気付いて我に返り「あ・え・えっとへやにかざる…」とベタな答えをしてみましたが時既に遅しでした。
>カーサ・ドン・ペドロ
なんと魅惑的な響き~!
でも小金が溜まる度に旅に出てしまうに違いありません。サーチャージとユーロ高がネックで当分出かけられそうにありませんが(涙

くみぞうさま、
こんにちは。はじめまして。検索でたどってきました。
アルカサル」に特化して書かれている方はあまり見かけないので、とても興味を持たせていただきました。
(そういう私は、基本的にエロイカにしぼったブログを書いております)
>原画の中にこれまで見たことのなかったイラストが1点あり狂喜!
>右手に旗を持ち、鎖帷子姿の王様のイラストです。
これって、ちょっと振り向いているようなポーズのものですか?
アルカサルの絵はどれも大変美しいですが、この絵は表情などがとても良くて、すぐに気に入りました。
とても素敵な絵ですよね!
…長々と失礼いたしました。
時々立ち寄らせていただきますね!
(私も下関展示会へ言ったレポート記事からのTRをお送りしました。
良ければ承認してくださいませ。)

>シーツにするの
ちょ なんと刺激的なお答え(笑)
大きいお友達向けのアニメでは実際にそういう商品があるそうですが…。
でも実際に王様や少佐のシーツや抱き枕があったら買ってしまうファンがたくさんいそうです。
別の意味でエンリケ枕も欲しいですね。
嫌なことがあった日はエンリケにプロレス技をかけてストレス発散するんです。
>サーチャージとユーロ高
ほんっとに最近ひどいですよね。
こんなに高騰すると分かっていたら、2000年代前半にもっと旅行しておいたのにー! 

>シーツにするの
な、なんと斬新な(笑)
私、連休に仕事関係で神戸に行って、その後半日観光してきたのですが、脳味噌ゆだりました。ホテルの中はギンギンに冷やしてるのですが(冷やしすぎ!エアコンの排気熱で余計に外の温度が上がるじゃないか)、一歩外に出ると凄い熱気が…
関東にも関西にも絶対住めません、私。四国も九州もダメ。気温が高くても湿度が低ければ大丈夫なんですが…
>別の意味でエンリケ枕も欲しいですね
Mlle Cさん、それはサンドバッグというのでは(笑)

>そりゃあ、王様のためにがんばって貯金して大きな家を建てるのですよ!!
>近所の方々からは「カーサ・ドン・ペドロ」とか呼ばれることでしょう…。
Mlle C様のこのご意見、いいなぁ~!といいますか、日本のどこかに「アルカサル・テーマパーク」ができないものかなと(笑)セビリアのアルカサル(ホテル)とトーレ・デル・オロ(別館)が敷地内に建ってて、黄金の塔ではアルドンサ気分が味わえたりとか(笑)
んでもって、滞在中は侍従長であるロペスがいっさいのお世話をしてくれたり(あぁ妄想が止まりません)。

猛暑の中お疲れ様でした。
あの3連休はたしかにあっつ~い毎日でしたよ。
「印刷してしまうと原画と色味が変わってしまう」と青池氏がよく嘆いてられましたね。印刷でみてもあれだけ精緻な絵ですからさぞ原画は…と想像するしかないのがイトカナシ…です(T_T)
シーツ談議(?):「寝、寝てみたい」byミフネ
ちょっと古かったでしょうか~(#^.^#)
この垂幕の展覧会後の運命をサーチしてみたいもんです!
ところでくみぞうさん親子の旅行ルートに既視感を感じてるんですが…おぉ!自分の小学校時代の修学旅行と逆ルートでした!ちょうど30年前に錦帯橋→宮島泊→原爆ドームといったんですよ。
あの頃は「イブ」に夢中だったなぁ~(^^♪

かぼりんさま
はじめまして!
ようこそいらっしゃいました~。
>これって、ちょっと振り向いているようなポーズのものですか?
そうです!顔だけこっち向いてるのですよね。
中学生の頃に「エロイカ」を読んで少佐ファンになった私なのですが、大人になって「アルカサル」を再読。すっかり虜になってしまい、現在に至ります。まだまだ内容も薄く、名前負けだよなぁと思ってるんですけど(汗
のちほどかぼりんさまのレポートを拝見させていただきますね。
トラバの承認きてませんでした。お手数ですが、再度試してみていただけないでしょうか~。

Mlle Cさま
おおおおお!抱き枕もいいですね!
>エンリケ枕
それは秋津羽さまのおっしゃるとおり「サンドバック」だと思います(笑
だったらロペス枕も欲しい!と思いましたが、かえって寝不足になりそうです。触っちゃいけないような気がして寝返りも打てません!

秋津羽さま
お仕事お疲れ様でした!神戸も暑かったですかー。
>ホテルの中はギンギンに
ロビーの大きな窓ガラスが結露していたのには驚きました。夏なのに!
狭い路地とかもツライですよね。道の両側からとアスファルトからの熱気…もうだめ、倒れそうとか口では言ってましたが行き倒れてなんていられません。死にます。
私も根っからの寒冷地仕様人間なので道外では生息できませんよ~

Makoさま
>アルカサル・テーマパーク
志摩スペイン村あたりでやらないでしょうか(笑
>黄金の塔でアルドンサ気分
お・王様に首を撫で回されちゃったりするんですか!キャストには美男美女を調達しなくてはなりませんね!
コルドバのロペス邸とガリシアのロドリゲス邸もあると嬉しいです。もちろん私はロドリゲス邸に宿泊します(笑

Pさま
あっつ~いというか「ぁ…っ…ぃ…」っていう感じでした←わかりにくい
原画を目の当たりにした時の感動は言葉にできません!次の機会にはPさまもぜひ!
最近ではCGを使われる漫画家さんも多いですが、自分の好きな漫画家さんには手描き&手塗りを貫いていただきたいです。原画展という楽しみも生まれますから~!
垂幕は青池先生のお手元で保管されることになったと日記に書かれてましたね。万が一オークションなんてことになってたら、貧乏な自分を呪う余生を送ることになってたに違いありません。
青池先生のものは青池先生へ、ですね。ホッ
Pさまの修学旅行をなぞる旅でもあったのですね(笑
とにかく暑くてじっくり周れなかったのが残念です。
秋から冬にかけてなら暖かくて快適な旅ができそうです。錦帯橋歩いて渡りたかったな~。

くみぞうさま
TR送り直してみました、ご確認ください~
(振り向いたドンさまの絵が印刷でいいので欲しいです)

かぼりんさま
ごめんなさい。なぜか届きません(涙
seesaa使えねぇ…
>振り向いたドンさまの絵
私も欲しいです!
今回の展覧会の図録にも載ってませんでしたよね(涙
青池先生のカラー全収録したイラスト集。カードセットでもいいので出してほしいです。
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。