スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John of Gaunt:The Exercise of Princely Power in Fourteenth-century Europe

John of Gaunt:The Exercise of Princely Power in Fourteenth-century Europe
数日前に到着。£27.99+送料£7.98
amazon.jpで注文するより安く上がった。
ちょっと落ち着かない日々を過ごしているため、まだざっとしか目を通していないのだが「公爵夫人の記」で描かれていたエピソードを発見し、感動を新たにしている。
しかし、この本の読みにくいことといったら。
時系列に沿っているのかと思いきや、なんかあちこち飛んでる。
英・仏・葡・西の地図と系図があるくらいで写真等は一切なかったのがこれまた残念。

あ、イサベルに贈った結婚祝いの品は「モンスターを模った容器」らしい。
関連記事

tag : 公爵夫人の記 JohnofGaunt

コメントの投稿

非公開コメント

おお、買いましたか!
研究書って読みにくいですよね。
コンスタンシアへの愛を糧にがんばってください!
私も秋津羽さんから教えていただいたチョーサー関係の論文を読みたいと思っているのですが、なかなかコピーを取りに行くひまがなく…。
4月になって新入生が図書館に満ちあふれる前に行きたいと思っていたのですが、無理かも。
>モンスターを模った容器
御神輿の鳥、じゃなかったか…
ていうかやっぱりあれって青池先生の創作じゃなかったんですね。

おおー、買われたのですね。有言実行、素晴らしい行動力!
私は積読本の山が全く低くなりませぬ…
写真がなかったのは残念でしたね。
>モンスターを模った容器
調べよう、と思いつつ放置していました(汗)にしても、モンスター?た、確かにそれは突飛かも。

amazon.jpで注文するより安く上げるとは、さすがお買い物上手!私は洋書は紀伊国屋さんに頼りっぱなしです。
>モンスターを模った容器
私もMlle Cさんと同じく鳳凰を想像しました。婚礼にかかせない瑞鳥だし。
どこかの伝説や神話上の動物でないかなと思ったりもしますが、どんなMonsterなのか楽しみです^^

突飛な贈り物について別記事にてupしました。
いったいどんな代物なのかぼんやりとわかるようなわからないような…。突飛だということはわかりますが(笑
>Mlle Cさま
英語の壁って高くて厚い(涙
頭の中ではスペイン語読み状態です。まずいなぁ。
チョーサー関係の論文!興味津津ですっ!何かと忙しい時期ですが、混雑する前に行けるといいですね。
情報のおこぼれ楽しみにしています~♪
>モンスターを模った容器
鳥型モンスターなんでしょうか…?
>秋津羽さま
買ったはいいですが読み進めるのに時間がかかりそうです。さっぱり正体のわからない名詞やら言い回しやら出てくるし(涙
写真とかイラストがあったら励みとか気休めになりそうだったんですけど…本当に残念です。
>ねこだましいさま
半分くらいの値段で入手することができましたが、段ボールが破損して到着しました(涙
ビニール梱包とかもなかったので破れた部分がちょっと傷んでしまった。ブツブツ。
どんなモンスターなのやら、ざっと訳してみてもさっぱりわかりません。もしかしたらとんちんかんな解釈してるかも??というわけで、皆さんでそれぞれ訳してみてくださいね←丸投げ
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。