スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結!アルカサル13巻発売

本日2007年9月14日は「アルカサル-王城-」13巻の発売日。
もう入手された方も多いのではないだろうか。
私の住んでるところでは、コミックスは発売日から2日遅れで店頭に並ぶ。
大安の日には割と仕事が忙しかったりする私なのだが、今日の仕事相手は埼玉から来るということだったのでよっぽど「買ってきて!」と頼もうかと思ったが、初対面だったのでやめておいた←結局、昨日のうちに来道していた。
そんなわけで日曜日は早起きして王様の御前に馳せ参じようと意気込んでいた。
ところが!ななななななんと、帰宅すると我が家の郵便受けに「アリコの保険資料」やら「ガスメーターの検針のお知らせ」やらと一緒に王様が鎮座ましましてあらせられたのである!
あまりの世帯くささに窒息しそうだったかも(じじばばの相手よりマシか)
晩ごはんの用意もせず、つい今しがたまで読みふけってしまった。
そして今現在、おなかをぐーぐー言わせながら勉強している娘よ、ごめん!とても食事の支度をする気分にはなれないし、胸がいっぱいで食欲がないのでこれからコンビニに買い出しに行ってくるよ!
感想は後日あらためて。

ところで三省堂書店下北沢店で「アルカサル-王城-」完結記念フェアを開催しているようなのだが!
うらやましすぎ!!
http://sanseido-shimokita.hontsuna.net/article/1930473.html
現地スペインの書籍って、ドン・ぺドロ関連なのだろうか?
そんでもって先着30名様限定の青池保子グッズっていったい!?
情報求むー!
関連記事

tag : 完結

コメントの投稿

非公開コメント

くみぞう様
ついに発売ですね~!私の住んでる地域も首都圏から2、3日遅れになります。今回は日祝はさんでる上に、台風も来てるのでもっと遅れるかも(涙)
またこちらでくみぞう様はじめ皆様のご感想を読ませて頂けるのを楽しみにしております!
それにしても
三省堂書店下北沢店のフェア、すごい!ぜひ行きたいです~!あぁどこでもドアが欲しい…(そんなものは中世にはない、フンby王様)

シモキタなら我が家から三十分!
あ、明日、ててて偵察に行ってこようかな。
先着三十名には間に合わないと思いますが。
行けたらこちらのコメント欄でレポしますね。
ところで13巻私もゲットしました。
やっと未収録部分が読めて感無量。
完結編は、所々でのいろんな加筆が嬉しかったです。へっへっへ。

くみぞうさま
おはようございます。
13巻こちらも手に入りました!自宅では読めないと、夫に息子を預け、
喫茶店で一人読みふけりました。
普通に感動する自分を期待していたのに、ロペスのジジ様、ババ様の
行く末を気にしてしまって・・・
なんだか思考回路がヘンです。
とりあえず乱世を見ずに身罷られたことを願います。
下北沢って良いですね~。ペトリスタ達が沢山いらっしゃるんですね。
私も住民になりたいわ!
では

Makoさまへ
そういえば三連休でしたね。おまけに台風が近づいているとは!地域がら発売日から遅れるのは仕方ないですが、せめて通常どおり店頭に並んでくれるといいですね。
私ももう1冊購入するため、明日は本屋さんに行く予定です!
>三省堂書店下北沢店のフェア
確か「『エロイカより愛をこめて』の創りかた」発売記念で原画展をやったのもここだったと思うのですが←スペイン旅行から帰った日に行った。
>あぁどこでもドアが欲しい…(そんなものは中世にはない、フンby王様)
王様のこの類のツッコミ大好きです(笑

Mlle Cさま
>シモキタなら我が家から三十分!
あ、明日、ててて偵察に行ってこようかな。
うぉー!近隣住民ハッケーン!!
ああああああ慌てず転ばず落ち着いて、てててて偵察に行ってみてください!!!戸じまりは忘れずに!!
秋田書店さんでもフェアのお知らせが載ってないようですし、これは圧倒的にジモティ有利です!ぜひ先着三十名様の特権を手に入れられますように!
この手のフェア、なんで全国展開してくれないんだよう!
やや駆け足状態でもあった完結編に加筆がされたことで、作品に一層の深みが加わったように思います。
なにより、未収録部分を読むことで完結編でのカタリナの態度、行動すべてに納得がいきました(涙
鬼畜野郎めー!

みゆきさまへ
13巻入手おめでとうございます!
優しいご主人に息子さんを預かってもらって、ドン・ペドロの生涯に思いをはせる時間を持つことができて良かったですね。喫茶店で読まれたとのことですが、涙ポロポロで周囲に心配されたりしませんでしたか?
>ロペスのジジ様、ババ様の行く末
家族の危機に機能が回復、カルモナのロペスのもとに駆けつけようとしてババ様に諌められてたかも(笑
リアルジジ様は遺言書の中でロペスのカルモナ籠城の様子を伝えています。ジジ孫共に生涯ドン・ペドロに忠実でした。

偵察してきましたよ!
漫画棚の一画にアルカサルコーナーがありました。
スペイン語の書籍はLas muertes del rey Don Pedro(著者がアヤラになっていたので年代記からの抜粋?)という本と、La Historia de Sevillaという本の二冊。
これらは売り物ではなく、ガラスケースに入っていました。
同じケースの中には原画の複製(13巻の表紙絵と、完結編後編のカラーページ)、ドン・ペドロを題材にしたスペインの漫画のコピー、スペインの地図も展示。
この地図が垂涎モノで、カスティーリャ、レオン、ナバーラ、アラゴン、カタルーニャ、アストゥリアスのすべての王様の名前と肖像画が印刷されているんですよー! 欲しいよー!
でもドン・ペドロがひげもじゃで髪の毛ぼーぼーのオッサン顔だったのでちょっと冷めました。はじめてみる肖像画でしたが、作風から判断するにずっと後の世の作でしょう。
ケースの上にはドン・ペドロゆかりの地の写真のパネルが飾られて、アルカサル13巻の単行本が平積みになってました。
平積みスペースに微妙に隙間があいていたから、すでに結構売れているのかも。
青池グッズは確認できませんでした。スミマセン。
以上、簡単ですが報告でした!

間違って(何)店頭に並んでいないかと本屋をのぞきましたが、やはりまだありませんでした。台風もあるし明日も難しいかなー
>Mlle C様
偵察お疲れ様です!
>ひげもじゃで髪の毛ぼーぼーのオッサン顔
いや、それはちょっと…“ドン・ペドロを題材にしたスペインの漫画”がちょっと気になります。

私も駄目もとで…と思い、昨日朝一番で山の中腹にある本屋(T★UTAYA)まで強風にあおられながら必死で行きました。全国チェーンのお店なら1日遅れくらいで入っていないかな…?と儚い期待を寄せて。
でも残念ながら「17日入荷予定です」…がっくし☆
明日なんて暴風土砂降り必至だし。とても本屋までたどりつけないかも…(雪中行軍と思え by王様)
加筆部分もあるとのこと。くみぞう様が気にしておられたロペスに関する部分はいかがでしたか?
>Fortalezaのパスについては、とりあえずコミックスの13巻が発売されて、本当の本当に完結するまでとりあえずお待ちいただけないでしょうか。
>パスワードの件はこちらからメールをいたしますので、もう少々お待ちくださいね。
一日千秋の思いでお待ち申し上げております~!
お忙しいところ申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます(汗)

はじめまして、くみぞうさん
本屋さんの棚にアルカサルの新刊が並んでいるのをみて、初めて完結を知りました。
さっそく13巻を買い、読み終えた後にアルカサルについて調べていたらくみぞうさんのサイトにたどりつきました。
旅行記も楽しく見せていただきましたが、アルカサル巻末の王様の記念碑とロペスの墓所を紹介するページにあった資料提供者の○×△□さんってくみぞうさんのことですよね?
旅行記に同じ写真を見つけて大興奮してしまいました!

くみぞう様、皆様こんにちわ。アルカサル13巻を読みました。未読部分を読んでやっとカタリナが自殺した訳がよくわかりました。絵が結構変わっていますね。ロペスがシャイなのがとってもつぼでした。これから番外編が楽しみです。

13巻は14日金曜日に入手したものの翌日土曜日は小学校の運動会で(チョー暑い日でした!)朝から弁当つくりやらでテンヤワンヤの大騒ぎ、夜は疲れてバタンキュウ…で、やっとシミジミしながら読めました。
13年待って13巻で完結。結果的には上手にまとまって…(^_^.)未収録部分との違和感なんてまったく感じませんでした。
また青池さんにしてやられた!(><)
青池さんの考えがいろいろ聞けてよかったです。
『年を重ねて新たに見出すものもあり幕を下ろすのにはよい時期だったのかも知れません』という一文を読んで休刊したなればこそわれわれも成長し見聞を広め(特にここはくみぞうさんはじめ皆様に負うところが多いです!)まさに機は熟したところで王様の終焉を迎えることができたように思えます。
Mlle c様偵察ありがとうございます~!キャラクター付き(?)スペイン地図ってほんと垂涎もんですぜ~髭ボーボーじゃなんなんで(^_^.)是非青池さんに作り直してもらいたいです。
作るといえば「エロイカ」塗り絵の着せ替え人形が楽しみで楽しみで(#^.^#)ワタシめついに王様着せ替え人形を手作りしてしまいました~著作権に触れないように遊びたいと思います。
最後になりましたがくみぞうさんよかったですね(と、言っていいんですよね?)
例のものは絶対くみぞうさんのことだと思いましたよ~うちの中2の娘がこう申してます『すごいねぇ、ファン冥利につきるだろうねぇ。でもきっと青池さんも作者冥利につきたからだよ~』と…

くみぞう様
何度も書き込みしてしまいすみません!(汗)
私も今日やっと13巻を入手しました!13年前にも読んだ未収録分を非常に懐かしく思い起こし、また完結編は半年前と3ヶ月前の感動をあらたにしながら、やっぱり泣いてしまいました…。
コンスタンシアが父王に思いをはせる最期の名場面は拡大されていて「コンスタンシアの心境は、ほぼ私と同じなんです。ドン・ペドロのことを描かないと私の務めは終わらないというか。『アルカサル』の完結は、果たさなければいけない責務でした」という青池先生の思いがより伝わりますね。
そして追記ページ!P様も書いておられますがこれはファン冥利につきますね!
まるでアルカサルの正面玄関碑文にくみぞう様のお名前が刻まれたようなものです。本当によかったですね(^_^)

くみぞうさま
こんばんは。
3連休は長かった~です。家族サービスに徹し、
王様のご機嫌伺いもできませんでした。
>リアルジジ様
へぇ~(本当はヒェ~に近い)ジジ様は長寿でいらしたのですね!
で、一緒に篭城していたのですか?そして投獄ですか?それとも・・・???
字にするのがヘビーな一語なのでやめます。(あっ、でも遺言を書く暇が
あったのだから、それはないのかな?
でも、日本には辞世の句というものがあるし・・・)
レオノールの方も落ち着きましたが、彼女は「ヒイジイジ」の「ヒ」の字も
言いませんよ。お付き合いがなかったんですかね。
明日からまた、まったりと王様たちと時間がすごせそうです。
では

Mlle Cさま
偵察お疲れ様でした!
>Las muertes del rey Don Pedro
アヤラの年代記のうちの何巻目かなんでしょうかね??展示するだけなんて、そんなー!
ドン・ペドロを題材にしたスペインのマンガとはいったい!?うぉー!見てみたいー!
>カスティーリャ、レオン、ナバーラ、アラゴン、カタルーニャ、アストゥリアスのすべての王様の名前と肖像画が印刷
私も欲しいよー!ヒゲもじゃ髪ボーボーでもオッサンでもいいよー!
こんなお宝グッズ、いったいどこから調達してきたんでしょう?もしかして青池先生の所蔵品だったりするんでしょうか。ドキドキ。
あぁ、あれこれ収集しにスペインに行きたいよー。

秋津羽さま
昨日店頭にお目見えしてましたよー!
無事入手されましたか?
>ドン・ペドロを題材にした漫画
オタク魂がくすぐられますー!

Makoさま
私も昨日雨の中王様をお迎えに行ってまいりましたよー。
未収録部分はまるっきりの未読だったので、新鮮な気持ちで読み始めましたが、やっぱりエンリケは鬼畜でしたね…
完結編の加筆の中でもコンスタンシアの独白のシーンが拡大されているのは嬉しいです。
このページと、
カスティリア 私のカスティリア
お父様 お母様 
私は帰って来たのよー!
↑のページでは思わず手が止まり、涙がこぼれてしまいます←すでにウルウル。
>アルカサルの正面玄関碑文にくみぞう様のお名前が刻まれたようなものです
ひぇ~~~!ありがたいような恥ずかしいような、面映ゆいでありますです。
青池先生のお心遣いには日々感謝の私です。

ななさま
はじめまして。いらっしゃいませ~
旅行記楽しんでいただけて嬉しいです。
アルカサルも読了されたのですね。感想をお聞かせくださるとうれしいです。
追伸:勝手ながら、名前の部分を修正させていただきました~。

rosyblueさま
完結編を読んだだけでは唐突にも思えるカタリナの自殺でしたが、私も未収録部分を読んで彼女の深い心の傷を知りました(涙
シャイなロペス、かわいかったです♪私的には美形化してもやっぱり抜けてるオスナ伯爵がツボでした。
絵柄の変化、私はあまり気にならなかったのですが、カタリナが若干厚化粧になってると思いました~!眉はくっきり、口紅も。何が彼女を変えたのでしょう。やっぱりエンリケでしょうか…

Pさま
暑い中、運動会お疲れ様でした。脳は煮えませんでしたか?
>未収録部分との違和感なんてまったく感じませんでした
私も同感です!背中が割れそうで不安ですが、1冊にまとめられて良かった♪
アルカサルの連載が始まったときにはドン・ペドロと同年代だった私。ドン・ぺドロの亡くなる年齢にはスペインに行き、今では王様より年上になってしまいました。
ほんの少しでも皆様のお役に立てたなら嬉しいです。アルカサルは完結しましたが、今後も皆様から元気をいただいて王様情報の収集に尽力する所存であります!きりっきりっ
今月は「エロイカぬり絵」、来月は「猫メロ」とまだまだお楽しみは尽きないですね♪
>くみぞうさんよかったですね
えと、えと、ありがとうございます。照れます。
王様とロペス殿の眠りを邪魔した償いに「青池先生に御奉公せよ!」と指令を受けていたのかも?と思うほど不思議な幸運でした。

みゆきさま
いつも短く感じられる三連休も今回ばかりは長かった…!肩の痛みに耐えかねて注射をしてもらいに行こう…と思ったら休みだったんです…
リアルジジ様、籠城後は自由の身になったのではないでしょうか。ロペス研究本によれば、レオノールは自分のルーツを詳しく語ることをあえて避けている、とありました。王家と繋がりがあるように書いてはありますが、事実とは異なるためだと思われます。それでヒイジイジの「ヒ」の字もないのかもしれませんねー。

ごめんなさい同じようなことを二度書きしてしまいました。
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。