スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル王フェルナンド1世とジョアン1世

ぎゃ~~~~~!
私ったら歴史を歪めるとんでもない勘違いをしていたよ!

ポルトガル王アフォンソ4世の記事中に誤りがあった!
ポルトガル王フェルナンドの後継者はイネス・デ・カストロの息子のジョアンではなく、正しくはテレサ・ロレンソの子のジョアンです。訂正しました。スミマセン。
テレサはイネスの侍女だったとも言われており、ジョアンは正真正銘?の庶子。6歳の時に初めて父王ペードロ1世と対面しアヴィス騎士団長に任命された。

1367年 ポルトガル王ペードロ1世が亡くなり、息子のフェルナンド1世が即位。
1369年 カスティリア王ドン・ペドロ1世が殺害される。ポルトガルはこれまで中立を保っていたが、亡命してきたペドロ派の貴族たちの教唆によりフェルナンド1世はカスティリアの王位継承戦争に介入する。アラゴン、グラナダと同盟を結び、ガリシアからカスティリアへの侵攻を企てるが失敗。
逆にカスティリア軍を引き込む結果となり、1371年3月にローマ教皇の仲介により和睦。フェルナンド1世はカスティリア王位継承権を放棄し、エンリケ2世王女アラゴン王ペドロ4世王女レオノールと婚約する。
ところが直後に婚約を破棄し、人妻レオノール・テリェスとの結婚を宣言。民衆の蜂起によりレオノール・テリェスと共に逃亡するが1372年には彼女と結婚した。
王妃となったレオノール・テリェスは国政に干渉し反対勢力を排除。イネス・デ・カストロの子、ジョアンとデニスをカスティリアへ追放、王妃レオノール・テリェスとオウレン伯アンデイロの密通に対し公に反発していたアヴィス騎士団長ジョアンには国王反逆罪を捏造、エヴォラに投獄し死刑を画策する。
身の危険を感じた騎士団長ジョアンはイングランドのエドムンド・オブ・ケンブリッジ(イサベルの夫ヨーク公エドムンド)の助けを得て脱獄した。

フェルナンド1世のカスティリア王位継承権放棄を受け、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントが妻コンスタンシアの権利により王位を要求、ペドロ派の支持を受け自らカスティリア王を名乗る。
フェルナンド1世もこれを支持したが、エンリケ2世の怒りを買ってリスボン焼き討ちにあい、再び教皇の仲介により1373年にカスティリアと和平条約を結んだ。この条項の1つには、ポルトガル王女ベアトリスとカスティリア王太子ホアンの婚約が盛り込まれた。

1379年カスティリアではエンリケ2世が亡くなり、ホアン1世が即位。
1382年に王妃レオノール(アラゴン王ペドロ4世王女)を亡くしたホアン1世は、1383年にポルトガル王女ベアトリスと再婚。同年10月にフェルナンド1世は亡くなり、王妃レオノール・テリェスが摂政となって娘ベアトリスのポルトガル女王即位を宣言。ここから2年間の空位時代が始まる。
カスティリア王国に併合される危機感から、ポルトガル国内ではイネス・デ・カストロの子ジョアンを待望する声が高まった。しかし彼はカスティリアに亡命しており、騎士団長ジョアンがにわかに注目され始める。
12月6日、騎士団長ジョアンは摂政レオノール・テリェスの愛人であるオウレン伯アンデイロを殺害、王位を要求する意図のなかった騎士団長ジョアンはレオノール・テリェスに許しを請いに向かうが認められず、また、レオノール・テリェスと騎士団長ジョアンの結婚による和解も提案されたがレオノール・テリェスは拒否。騎士団長ジョアンにはリスボン市民から選任されていた王国統治者の道しか残されていなかった。一方のレオノール・テリェスも市民を鎮圧できず、サンタレンへと逃れる。

1384年に入るとカスティリア王ホアン1世は王妃ベアトリスを伴いポルトガルへ侵攻を開始。レオノール・テリェスは貴族の反対を押し切り、娘とカスティリア王にポルトガルの統治を委ねる。ホアン1世の専横に貴族たちの離反は止まらず、レオノール・テリェス自身も幽閉状態に置かれる。やがてレオノール・テリェスはホアン1世の暗殺を画策したとしてトルデシーリャスの修道院に幽閉された。

1385年4月、騎士団長ジョアンはコインブラのコルテスで国王に選出されジョアン1世として即位。8月にはフランス、ガスコーニュの傭兵を含むカスティリアの3万1千の軍隊とアルジュバロータで戦を交え、イングランドの長弓兵、槍を持つ農民兵からなる5分の1の兵力のポルトガル軍が勝利した(アルジュバロータの勝利)。

1387年にはカスティリア牽制のためイングランドと同盟(ウィンザー条約)を締結。この保証に、ポルトガル王妃としてジョン・オブ・ゴーントの娘を迎えることになった。ジョンと先妻ブランシュ・オブ・ランカスターの娘フィリパは26歳。
ランカスター公の現在の妻コンスタンシアの娘カタリナは15才と若くカスティリアの王位継承者でもあったが、ジョアン1世はフィリパを王妃として迎えることを決め、1387年2月2日ポルトの大聖堂で結婚した。カタリナを選ばなかったのは、カスティリアの王位継承争いにこれ以上深入りするのを避けるためだったといわれている。

ジョアン1世はカスティリアへの攻撃のためランカスター公の待つガリシアへと向かった。ペストの蔓延や天候不順により戦いが長引いているうち、ランカスター公はポルトガルへの打診もないまま、カスティリアと同盟を結び、娘のカタリナをエンリケ王太子に嫁がせることで自身は王位要求を取り下げ、ホアン1世のカスティリア王位を認めた。
アルジュバロータの敗北を屈辱に感じていたホアン1世は王太子エンリケに王位を譲り、自らはアンダルシアを含むポルトガル王国の王として君臨する野望を持ちポルトガルとの小競り合いを続けるが、1390年落馬により急逝する。

カスティリアはフランス、イングランドと同盟を結び、結局ポルトガルは孤立無援の戦いを続けざるを得なくなった。この戦いを終結に導いたのは、ドン・ペドロの孫娘カタリナ・デ・ランカスター。ホアン1世の死去に伴い即位した夫のエンリケ3世も、息子ホアン2世の摂政となった義弟フェルナンド(アラゴン王フェルナンド1世)もポルトガル王位に執着を見せていた。
カタリナ・デ・ランカスターは彼らを説得し、1411年10月31日カスティリアとポルトガルに和平をもたらした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

>ポルトガル王アフォンソ4世の記事中に誤りがありました
ふっつーにスルーしてました(汗)
ポルトガル史は弱いです…。
ポルトガルとカスティーリャって何度も統合の機会があり、一時期は同君連合だった時代もあるのに、結局は別々の国として存在していますね。
やはり気風がだいぶ違うのでしょうか。
ジョアン1世の王妃フィリパがカタリナの異母姉だったのは盲点でした。
その息子は後の国王ドゥアルテ、エンリケ航海王子、娘のイザベルは、あららブルゴーニュ公フィリップ・ル・ボンの妃ですか。シャルル突進公の母です。
こうしてどんどん繋がっていくから系図辿りはやめられません。

Mlle Cさま
庶子のジョアン=イネス・デ・カストロの子だろ、って思い込んでました。恐ろしい~~
そういえばフェリペ2世はポルトガル王を兼ねていましたね。半島の端ではありますが、今でもひとつの国として残ってるのってすごいですよね~。アラゴンもナバラも今はスペインの一地方でしかないのに。しみじみ。
フィリパ・オブ・ランカスターは敬虔で穏やかで大変慕われた王妃だったようです。フィリパもカタリナもジョン・オブ・ゴーントの娘とは思えないほど好印象♪コンスタンシアの影響かも?
エンリケ航海王子ってものすごく最近の人みたいな気がしてたんですけど、こうしてみるとそうでもないですね(笑
私はこのエンリケも好きじゃなくって、兄王子ペドロ派です。ペドロが甥のアフォンソ5世との戦で亡くなったあと、きちんとした葬儀も埋葬も行われなかったことに抗議したのが妹のイザベル・ド・ポルトガルです。
夫の威光を楯に教皇にアフォンソ5世を非難する手紙をガンガン送らせました。シカトされたけど(涙

こんばんは。
恒例の(?)画像検索をしていた所、思いがけずジョアン1世とフィリパ・オブ・ランカスターのお墓の写真がヒットしたのですが、それがあまりにラブラブなご様子だったので、微笑ましい気分になってしまいました~
http://www.knerger.de/Die_Personen/regenten_46/regenten_47/regenten_48/regenten_49/regenten_50/regenten_51/regenten_52/hauptteil_regenten_52.html
お手手のアップ↓
http://www.pbase.com/diasdosreis/image/30703968
そっぽを向き合っているカトリック両王のお墓とは大違いですわ(汗)
http://www.users.drew.edu/~ebunn/135/tumba.jpg
↑ケンカしたんですか…? って感じ

Mlle Cさま
このおふた方は本当に仲睦まじい夫婦だったのでしょうね。2人の間に流れたであろう静かな愛の時間や石工、国民の崇敬の念まで伝わってきます。
そっと添えられた手が美しいですね。
それに比べてカトリック両王は…倦怠期の夫婦のようですよね(汗
この2人は同志という印象が強いんですが、せめて永遠の眠りにつくときには仲の良い夫婦の像にしてあげたら良かったんじゃないですかね~(やっぱり威厳のほうが大事なんでしょうか
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。