スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル王アフォンソ4世

ポルトガル王アフォンソ4世
1291.2.8-1357.5.28
在位1325-1357

ポルトガル王ディニス1世と王妃イサベルの唯一の嫡男としてリスボンに生まれた。

父王ディニスはアフォンソ王子の異母兄アルフォンソ・サンチェスをより愛したといわれており、1325年1月7日にディニス王の死により即位したアフォンソ4世は、父王が兄に残した領地などを全て没収してカスティリアに追放した。アルフォンソ・サンチェスはカスティリアから様々な企てを試みたが全てが失敗に終わり、王太后イサベルの取り成しにより両者の間に和平が成立した。

1309年、アフォンソ4世はカスティリア王サンチョ4世とマリア・デ・モリナの娘ベアトリスと結婚。
2人の間に生まれたマリアは1328年にカスティリア王アルフォンソ11世と結婚した。
しかしアルフォンソ11世は公然と王妃を軽んじ、この侮辱に憤慨したアフォンソ4世はカスティリアへ戦を挑むことになる。それでもアルフォンソ11世は態度を改めることはなかった。
4年後、アルフォンソ11世はサラドの戦いにポルトガルの援軍が必要であるとして王妃マリアに父王への取り成しを頼み、マリアはこれに応じて父王へ手紙を書き送る。
1339年セビリアで和平の調印が行われ、両国の戦争に終止符が打たれる。
ポルトガルの援軍を受けたアルフォンソ11世は翌年、サラドの戦いで勝利を収めた。

両国に和平が結ばれた年、ポルトガル王太子ペードロはカスティリアのコンスタンサ・マヌエルと結婚。
ところが王太子ペードロはコンスタンサの侍女イネス・デ・カストロに恋してしまう。アフォンソ4世はこの恋が単なる情事であることを願ったが、1349年にコンスタンサが亡くなるとペードロはイネス・デ・カストロ以外の女性との結婚を拒否した。

1350年にはアルフォンソ11世が亡くなり、即位したドン・ペドロ1世とエンリケ・デ・トラスタマラとの争いが起こる。これにより多くのカスティリア貴族はポルトガル宮廷に逃げ込み、派閥を形成。王太子ペードロとの間に子を生していたイネス・デ・カストロの取り巻きとして権力を増大させつつあったが、年老いたアフォンソ4世には混乱する宮廷を統制する力はなかった。
王太子ペードロの嫡子であるフェルナンドは病弱であるのに対し、イネス・デ・カストロの子達は健康に育っていた。カスティリア貴族の勢力は日毎に増大し、孫の将来を案じていたアフォンソ4世は、ポルトガル貴族の願いを受け1355年イネス・デ・カストロの暗殺を命じた。
アフォンソ4世は息子が冷静になることを期待していたが、ペードロは父の行いを決して許そうとしなかった。自ら軍を率いてドゥエロ川とミーニョ川の間を荒らしまわった後、1357年に父子は和解したが、そのわずか後にアフォンソ4世は亡くなった。
アフォンソ4世が案じた孫のフェルナンドは、1367年にフェルナンド1世として即位するが1383年に亡くなり、ポルトガルの王冠はペードロがイネス・デ・カストロテレサ・ロレンソとの間にもうけた庶子ジョアンに渡ってしまった。

エンリケ・デ・トラスタマラ率いる庶子軍が王太子ペードロにカスティリアの王位継承者として名乗りをあげるよう説得したとき、アフォンソ4世は乗り気の王太子に対し、庶子軍の使者にいかなる返事も与えてはならないと戒めた。異母兄弟に王位を脅かされるカスティリアとポルトガルの2人の孫に、かつて異母兄アルフォンソ・サンチェスに苦しめられた自分の姿を見ていたのかもしれない。
アフォンソ4世同様、ドン・ペドロも父王に愛されずに育った。
そしてアルフォンソ・サンチェス同様、父王に愛されたのは庶子であるエンリケ。
そのエンリケに王冠を渡す手助けをするのがダルブルケルケ。
アルフォンソ・サンチェスの息子フアン・アルフォンソ・デ・アルブルケルケである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

@異母兄弟に王位を脅かされるカスティリャとポルトガルの2人の孫に、かつて異母兄アルフォンソ・サンチェスに苦しめられた自分の姿を見ていたのかもしれない・・・
本当ですね。庶子達にもまた同じように嫡子たちに対する穏やかざる心境があったのかもしれません。
イスラムの宮廷では、王子の中で誰かが即位するとほかの人は絹で絞め殺されたり、鳥篭に入れられたりして幽閉されるということがあったようですが・・・。
妻子をたくさん持つのは、純粋に政略や王家を支える次世代を絶やさぬ方策というよりも、多くの場合王の個人的の愛欲が絡んでいるだけに一族の結束作用には程遠かったかも?恋愛するなとは言いませんが、王である限りちょっとは自制してほしいですね。
そういえば、アリエノールの夫ヘンリー2世は、死に際「自分はヨーロッパ全土を掌中に収めるだけの能力と運があったのに、女におぼれてしまったことで、その機会を失った。」と言ったとか・・・何かの本で読んだ気がしますが。
その女というのが、誰を指すのかわかりませんが。(アリエノール?ロザモンド?尊厳王の姉妹?)
ちゃんと神様は、一人の人間に世界を任せないように仕組んでおられるというか・・。世の中上手くできていると思います。

イネスとペドロの悲恋話を読んでいると、「父王がイネスを殺させたのは王太子妃コンスタンサ・マヌエルの祖国カスティーリャの怒りを恐れたから」と書いてあるものが多いのですが、実際はもっと複雑な事情があったのですね。(私はむしろイネスの実家カストロ家の勢力拡大を恐れたのかと思ってた)
>アルフォンソ11世はサラドの戦いにポルトガルの援軍が必要であるとして王妃マリアに父王への取り成しを頼み、マリアはこれに応じて父王へ手紙を書き送る
↑マリア母太后、ちゃんと外交官やってるじゃん!というのも新鮮な驚きでした(笑)
ポルトガルのジョアン1世が庶子でありながら王位についたのは、エンリケの簒奪を見て「オレにもできそう」と思ったからなんでしょうか。

もりちゃんさま
>王の個人的の愛欲が絡んでいるだけに一族の結束作用には程遠かった
本当ですねぇ。血のつながった弟や我が子でさえ信用できない時代ですから、ある意味では王位継承権のない庶子にそこそこの地位を与えて仕えさせておく方が安心だという考えもあったのでしょうね。王が王妃を尊重し、愛妾や庶子たちも使命と身分をわきまえていれば、の話ですが…
子の立場にしても、愛妾と言えど母は高貴な血筋を持ち、父は王様。王太子に引けを取らない待遇の中で育ち、周囲からも煽られればエンリケみたいな野望を持つのも無理からぬ気がします。
アルフォンソ11世もドン・ペドロもその辺うまく立ち回れなかったのはなんともお粗末な気がします。
ヘンリー2世の愛人といえばロザモンドくらいしか浮かびません~。女に溺れたというより、母モード、妻アリエノール・ダキテーヌ、2人の女傑に囲まれ、息子たちにも背かれた孤独な人のイメージですが…
実は他にもたくさん愛人がいたのでしょうかね??

Mlle Cさま
アルカサル関連の史実をまとめようと2冊ほど同時に読み進めてるのですがなかなか進まず、やっとアルブルケルケが死んだところです。
で「ポルトガルのペドロ王太子はカスティーリャ王への名乗りに意欲的だった、それを父王アフォンソ4世が止めさせた」というくだりがあり、意外に思って調べてみたらアフォンソ少年の悲しい過去にたどり着きました(涙
もともとカストロ家はポルトガル王家とも結びつきがあったので、私もMlle Cさまと同様、イネスとの結婚によるカストロ家の影響を案じたための暗殺だと思っていました。
過去には娘マリアに対する侮辱を口実にカスティーリャに戦を仕掛けたこともあったわけで、逆に攻め込まれる要因を作るわけにはいかなかったのだとも思われます。
父王に愛されなかった分、アフォンソ4世もドン・ペドロのように愛情深い父だったのでしょうか。そんな父王のもとで育てられたマリアがカスティーリャに嫁ぎ、愛情も尊敬も受けることなく暮らさなくてはならなかったとは(涙
ポルトガルとの和平もサラドの勝利もマリアのとりなしあってこそのものなのに、その栄光はアルフォンソ11世や愛妾レオノールのもの。マリア王妃の性格が歪んでいくのも無理からぬことですな…
>エンリケの簒奪を見て「オレにもできそう」と思ったから
エンリケなんて庶子の分際で王位についたんだし~、だったらオレなんて王妃の子だし全然OKだよな~。
…なんて思っちゃったんでしょうかね。
まったく困った坊ちゃんたちだこと…

くみぞうさんの仰るとおり。私もヘンリー2世は母親と妻の年上の女性たちに助けられて一代をなした人だと思います。でも、いい加減ひとり立ちすると年下の女がかわゆくなるのでしょうね。
「麗しのロザモンド」という寵姫がいましたがこの女性は、彼(約18)が仏王妃アリエノールに一目ぼれして略奪婚してから、さらに十年以上たち、二人の間に子供も8人くらい生まれた後、末子(ジョン王)のお産の間に作ってしまった新しい恋人だったそうです。
アリエノールは、かなり姉さん女房でしたから、さすがの美貌も衰えていたのかもしれませんね。そればかりか王妃は、息子達を煽動したかどで幽閉されてしまいました。妻としてはそれも許せなかったと思うけれど、愛人が若くして死んでくれてほっとしたのもつかの間・・・。
さらに許せないことに(怒!!)ヘンリー2世は、王妃の元夫の娘を「息子リチャードと結婚させるという条件」で幼い時から手元でアリエノールに育てさせていたのですが、ロザモンドの死後、今度はその娘を死ぬまで愛人にしていたのです。
むろん息子のリチャードは怒っていましたが、姫はずっと婚約者のままでした。仏の尊厳王も、そのことをずっと抗議し続けていましたがひたすら無視。
ヘンリー2世の死後、この女性はリチャードにも見捨てられて新王妃にもなれず、結局実家返還後に、尊厳王によってぱっとしない貴族相手に片付けられてしまったようです。だってもう彼女もそれほど若くなかったから・・・。
いずれにしても、モードもアリエノールも年下の夫と結婚して、夫の死後に本領を発揮していたのは興味深いことです。

fuppymamaさま
>王妃の元夫の娘を愛人にしていた
えええええ!知りませんでした!
フィリップ2世の妹アリシア??でしたっけ?
彼女と婚約しているにもかかわらず、獅子心王がナバラ王女ベレンゲラと結婚したくらいにしか思ってませんでしたよ~~
そんな裏話があったなんて…つくづく歴史っておもしろいですね~♪

そうなんですよ、くみぞうさん。
私も、先日「冬のライオン」という映画を旧新作両方見てから、この尊厳王の姉妹の話は真実なのかなあと思い、その後調べてみたのですよ。(全く暇なおばさんですね~私。でもご近所のゴシップを嗅ぎ回るよりも良いでしょう?)
・・・この頃のプランタジネット家とフランス王家は、アリエノールの離婚後も妙~な親密さがあり、元妻と元夫の子供達は一緒に育ったり遊んだりしていたらしいのです。離れたくてもそうできない政治的状況があったのでしょうね。
アリエノールは仏王の元に娘二人を置いてきています。逆に、後添えの仏王妃達の産んだ王女を二人引き取っています。これは当時には婚約者の娘を引き取って家風に馴染ませる=人質という習慣があったからだそうです。
私の中では、兄ヘンリーの婚約者だった姉とリチャードの婚約者の名がごっちゃになっていますが・・・。
多分姉の方がマーガレットで、問題の姫はアリックスだと思うのです。アリエノールの娘にも同名がいますが、その人ではないと思います。それじゃあリチャードには異父姉になりますから。
獅子心王がナバラ王女ベレンゲラと結婚したのは、母親の配慮らしいです。ここまでいわくつきの嫁は、ちょっと遠慮したいのが人情ですよね。
電撃結婚した事に対して「なんで、アリックスと婚約したまま結婚しなかったのだ。詐欺だろう!」と怒る尊厳王にリチャード王は「だってあの人はずっと親父の愛人で、子供まで産んだんだぜ。勘弁してくれよ。」といったとか言わないとか・・・。
逆に、尊厳王は最初の妻を亡くしたばかりで、リチャードの妹である某国王未亡人に熱心に求婚したらしいのですが・・。
リチャードは、それも妨害したようです。
何でもその妹は、美貌のアリエノールに一番似ていて、しかも亡き夫が残した物凄い遺産を持っていたとか。リチャードは、囚われの身であったこの妹と財産を取り戻すためにさんざ苦労した直後でもありました。
その後、この女性はずっと王妃ベレンゲラと行動を共にしたらしいです。
尊厳王、とうとう怒ってフランスに帰ってしまいました。もっとも、二人の王の確執の元はそれだけではないとは思いますが。
この頃から、決定的に英仏王家には修復できない亀裂が生じたようです・・・。

もりちゃんさま
「冬のライオン」もう何年も前に見たのですが、どう記憶の底を引っ掻き回してもおそらく後半からの記憶が欠落しています(汗
そんなわけで早速amazonで注文しちゃいました♪
>リチャードの妹である某国王未亡人
リチャードの妹といえばカスティーリャ王アルフォンソ8世に嫁いだエリナー・オブ・プランタジネット…は夫の死の3週間後に後を追うようにして亡くなってるので、この妹というのはシチリア王に嫁いだジョアンですね。
若干当てにならない(失敬)「英国王室史話」によれば、獅子心王を射た輩を八つ裂きにしたのはこのジョアンということになってますが、日本語版wikiではアリエノールが命じたとなってました。はて??
追伸
二重投稿になっていたようなので最初の方を削除させていただきました~

くみぞうさまへ
二重投稿の処理をしていただいて、ありがとうございました。^。^
シチリア王に嫁いだジョアン・・そうそう!!確かにシチリア王の未亡人でした。
アリエノール、ジョアン、ベレンゲラはその後一緒に暮らしていたのかもしれませんね。

もりちゃんさま
>アリエノール、ジョアン、ベレンゲラはその後一緒に暮らしていたのかも
獅子心王リチャードが亡くなるまでの間、アリエノールはフォンテブローの修道院に隠棲していたようですね。リチャードの死後には修道院を出て子どもや孫たちのお世話に奔走していたようですが。
リチャードの死の数ヵ月後には妹のジョアンも亡くなり、ヘンリー2世、アリエノール、リチャード獅子心王、ジョアンはこの修道院に埋葬されているようです。ベレンゲラはシャリュで王の最期を看取ったようですが、子どもがなかったせいもあってか、王家と疎遠になりメーヌに埋葬されています。ちょっとかわいそう…
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。