スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3】カスティリア王とデ・ラ・セルダ親王家

フェルナンド4世が27歳で亡くなり、王位を継承したのはドン・ペドロとエンリケの父であるアルフォンソ11世。まだ1歳の赤ん坊。
マリア・デ・モリナはサンチョ4世妃として、息子フェルナンド4世、孫のアルフォンソ11世の摂政としてカスティリア王国を支え続けた偉大な女性。スペインでは人気者のようだ。

1321年に亡くなる直前までマリア・デ・モリナはアルフォンソ11世の摂政として立派に勤めを果たしていた。10歳までそばにいてくれた祖母の存在はアルフォンソ少年にとって大きな存在だったと思う。実はおばーちゃん子だったかもしれない。
アルフォンソ11世がレオノーラ・デ・グスマンを寵愛したのは、祖父の代に遡るデ・ラ・セルダ親王家との確執とそれに伴う祖母の苦労を見て育ったからではないだろうか。
グスマン家はグスマン・エル・ブエノに代表されるように王家に対して忠実な家柄。対してマリア王妃の父ポルトガル王アフォンソ4世は、後に友好的になったとはいえ、もとはデ・ラ・セルダ親王家を支援していた仇敵だ。
政治的手腕に長け、人望も厚い祖母マリア・デ・モリナの姿とレオノーラ・デ・グスマンの姿が重なって見えたのではないだろうか。母コンスタンサ・デ・ポルトガルも早くに失っているわけで、やんごとなきお姫様に対する免疫がなく、祖母のような切れ者の女の方が好みだったとか←妄想妄想

アルフォンソ11世とレオノーラ・デ・グスマンの子、エンリケ・デ・トラスタマラに娶せられたのはホアナ・デ・ビレナ。父方の祖父はフアン・マヌエル親王(フェルナンド3世の三男、アルフォンソ10世の弟)母方の祖父はフェルナンド・デ・ラ・セルダの次男につながる血筋である。
デ・ラ・セルダ親王家の末裔は他にホアナ・デ・ララ(テリョの妻)とイサベル・デ・ララ(アラゴン親王ホアンの妻)がいたが両者とも亡くなっている。
サンチョ4世によって歪められた王位は、エンリケとホアナ・デ・ビレナの間に生まれたホアン1世によって再び正統となったのだ、と見ることもできる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自分の中であやふやになっていたデ・ダ・セルダ家とデ・ララ家と王家の関係がはっきりしました。ありがとうございます。
で、ちょっと系図を辿ってみたのですが、フェルナンド・デ・ラ・セルダの曾孫のファン、1357年にセビーリャで処刑されているようですが、彼の妻の名がマリア・コロネル。
これはアルカサルのアルドンサのモデル(の一部)になった人でしょうか。
王様に言い寄られて逃れるために油に顔つっこんだという……。

Mlle Cさまへ
実は私の中でもデ・ラ・セルダ親王家、デ・ララ家はいまだにあやふやなんです(涙
メリメの史伝は人物が特定しにくいんですよね。アラゴン親王ホアンも最初は「ホアン・デ・アラゴン」なのに「ホアン・デ・ラ・セルダ」になったり。デ・ララ家の娘と結婚したからかもしれませんが統一して欲しい…
で、本題に入ります。
フェルナンド・デ・ラ・セルダの曾孫ファン・デ・ラ・セルダの妻マリア・コロネルはご明察の通りアルドンサ@王城のモデル(の一部)です。
マリア・コロネルの父はアルフォンソ11世の寵臣でした。
父:アルフォンソ・フェルナンデス・コロネル
  娘(姉)マリア・コロネル
     夫:ファン・デ・ラ・セルダ
  娘(妹):アルドンサ・コロネル
     夫:アルバール・ペレス・デ・グスマン
ファン・デ・ラ・セルダとアルバール・ペレスの義兄弟はアラゴンに寝返ったものの、ファンは捕らえられて黄金の塔に送られた後、処刑。このとき夫の赦免を請いにドン・ペドロの陣営に駆けつけたのがフライパンに顔をつっこんだマリア・コロネル(姉)
姉と同じやり方で、アラゴンに逃げ込んだ夫アルバールの許しを得ようとしたのがアルドンサ・コロネル(妹)
しばらく修道院でニートしてましたが黄金の塔の女主人となりあんなことやこんなことが~!
結局、姉妹2人分でアルドンサ@王城の出来上がり♪というわけですね。

初めまして。青池保子先生の「アル・カサル」のファンです。ネット検索でこちらに辿り着きました。おもしろそうな記事がたくさんあり、是非拝読させて頂きたいのですが、パスワードが必要とのこと・・・読ませて頂くことは可能でしょうか??

先程、メルアドを記入し忘れました。PWをメールして頂けると幸いです。

Mollyさまへ
いらっしゃいませ&はじめまして。
今日出掛けにバタバタとメールを差し上げましたが、きちんと伝わる内容だったかしらとちょっと不安に思ってます(汗
今後ともお付き合いくださいね!よろしくお願いいたします。

くみぞう様
お返事ありがとうございます!メール頂いたとのことですが、届いていないのです・・ ジャンクメールがあまりに多くて、間違って消去してしまったかもしれないのですが、もしそうだったら、ごめんなさい。
大変お手数で、申し訳ないのですが、再送お願いできますでしょうか?宜しくお願い致します。

Mollyさまへ
届いていませんか(汗
9月9日の午前10時頃に送信したのですが…
再度お送りしましたので、お手数ですがご確認くださいませ。

マリア・コロネル

小出しにする、と言いながら、またしつこく登場しましたが、これだけは忘れぬうちに
ご報告したいので、お許し下さい。

マリア・コロネルには、セビジャに行けば会えるんです!!
毎年12月2日の命日には、そのお姿が公開されるのですが、今年は600回目のご命日です。
怖いお姿になっているので、貼り付けはしませんが、Dna Maria Coronelで画像検索すれば
お会いできます。先に亡くなったファン・デ・ラ・セルダとの間には娘もいたそうで、最初は、夫、娘と
一緒に葬られていたそうですが、お墓の移設の際に掘り起こすと、彼女だけがmomiaさんに
なっていたそうです。ホントかな?埋葬する時にそのように処理したのでしょうけど。

場所は、メリメの史伝に出てくる、彼女が創設した聖イネス修道院です。
セビジャへ行った時に友人の姪が生まれたばかりで、名がイネスちゃんだったことから
近くにあると確信して探すと簡単に見つかりました。通りの名前もドニャ・マリア・コロネルでした。
いや、探し当てたのは帰ってからのお話です。よく見るとガイドブックにも載っていました。
私はいつも聖カタリナ教会界隈のホテルに泊るのですが、そのすぐ近くで、何度か通った事が
あるのに、そこが修道院とは夢にも思いませんでした。この修道院のすぐ近くには、17世紀から
あると言われる有名なバル、Rinconcilloがあります。このバルは当初聖カタリナ修道院付属の
居酒屋だったようです。聖カタリナ修道院は、あのファヒタをヘレスへ送った修道院長がいたところで
今でも近くに存在しています。

聖イネス修道院の敷地は彼女の邸だったようです。諸説あるようですが、恐らく実父から相続したものと
思われます。彼女の父はアギラルの領主で、父亡き後は領主権も相続し、修道院を創設する際に、
その相続した領主権や点在する土地と引き換えに年金や創設資金を得たようです。
ファン・デ・ラ・セルダが処刑された頃、その邸も壊され焼かれ、更地にして塩まで撒かれたそうです。
王様そこまでしなくても.....ですよねぇ。

王様の手下が彼女にせまったのは1度だけでなく、聖クララ修道院の中でもあったそうで、
自ら院内の畑に穴を掘って危険覚悟で生き埋め状態になったらしいです。その辺りの事は
カミロ・ホセ・セラのアンダルシア紀行に短く書かれています。

聖イネス修道院や彼女については、1度読んだサイトがすぐにNot Foundになってしまうので、
本当のネタ元はよくわかりません。

まだ完読してはいませんが、こんな著作が公開されているので、一応ダウンロードしています。
どこまで使える内容かわかりませんが。
UN VIAJE POR EL MITO DEL REY <<CRUEL>> LA LITERATURA Y LA HISTORIA DESPUES DEL
ROMANTICISMO










Re: マリア・コロネル

あああ、これどこかで目にした記憶があるのですが…
自分のブログを検索しても出てこないのでどなたかのところでしたのだったか…うーん。

旅行から帰ってきてから気付くことってありますよね。
帰ってきてからあそこの前通ったー!とか、すぐ近くだったー!とか。
下調べ大事!

王様のしつこさにもあきれますが、マリア・コロネルの根性にも頭が下がります。
自分で穴掘って生き埋め(笑

あぁ、もう私ときたら、ブログの再開する前に予習復習資料整理しとくべきでした。
しばらくこもって復習してきます。
金花糖さまのブログ待ってます(笑

マリア・コロネルの根性

なにか、プライド以上のものを感じますねぇ....
夭折した?娘の年齢まではわからないのですが、
もしかしたら、幼い?娘を守ろうと必死だったのかも知れませんょ。
このお話、どこかで目にされたのは日本語で、ですか?
もしスペイン語であるなら、前述したとおり、すでに無くなったサイトかと思われます。
スペイン語サイトって、そういう事が多いから、ヤル気も失せてしまいます。

自ブログですか~うう~ん....本当は始めたかったのですが、
撮って来た写真が調べれば調べるほど謎だらけで、迷宮入りになってしまうんです。
つくづく学生時代の勉強不足を痛感させられます。世界史履修した事すら記憶にないほどです。
敢えて公開することで、ご教示頂けるという事も考えられますよね。
難しく考えず始めるべきかも知れません。

自宅でネットが使用できない間、図書館で色々な本を読みましたが、王様関連は、
くみぞうさんちで既に紹介されていた本ばかりでした。さすがだわ~!!
一通り読んだだけでは理解し切れないほど、情報量が多いのには、いつも驚いています。


Re: マリア・コロネルの根性

多分スペイン語のサイトで見かけたと思うんです。
プリントアウトしてるはずなので探してみよう(暖かい日に 笑)

ブログ深く考えずに始めてくださいよ~。
楽しみに待っています!!
写真とかも自然に整理されていくんじゃないでしょうか。私は無理ですけど(笑
私にどうかおもしろい話を!王様エピソードをお聞かせくださーい!!!

私もがんばって資料整理とか放置状態の本とか手をつけていきたいと思います。
金花糖さまもぜひ!
ぜひ~~~~~!!!!!
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。