スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンチョとディエゴとその子孫

ドン・ペドロとイサベル・デ・サンドバルの間に生まれたサンチョとディエゴ。
エンリケによってカルモナに投獄され、後にサンチョはトロへ、ディエゴはクリエルに移される。
サンチョは獄中で亡くなり、子孫はない。
ディエゴは1434年にホアン2世の側近のとりなしによって自由の身となり名誉を回復する。
ディエゴには6人の子がいたがおそらく虜囚生活の間にもうけたのではと思われる(自由の身になった時点ですでに70歳近くになっているはずなので)。
青年期までは狭い檻に閉じ込められ満足に歩けなかったというが、エンリケ没後にはおそらく城内かまたはもっと狭いエリア内での自由は与えられていたのかもしれない。ディエゴはグアダラハラ家の始祖となる。

ディエゴの長男の名はペドロ。その息子の名もペドロであることから、父はエル・ビエホ(年寄り)、息子はエル・モソ(若者)と呼ばれた。エル・エルモソ(美男)ではない(笑
末娘は後にトレドのサント・ドミンゴ・エル・レアル修道院長となるカタリナ。
ホアン2世、エンリケ4世、イサベル女王とその家族らはカタリナを「おば上」と呼んで頻繁に手紙を交わし、また経済的援助も行って彼女を庇護した。
当初、カタリナは手紙に「ドン・ペドロ王の孫 カタリナ」と署名していたが、後には「カタリナ・デ・カスティリア」と記すようになったという。

カスティリア姓は、ドン・ペドロの庶子ホアン(カスティリア・イ・カストロ)、ディエゴ(カスティリア・イ・サンドバル)と、ドン・ペドロの異父弟テリョの庶子から発生したと言われているようだ。テリョには10人の庶子がいたがホアナ・デ・ララとの間に子供はなく、彼女が亡くなった後は妻を迎えなかったため、嫡出子はいない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ひえー。70歳近くまで囚われの身だったなんて…かわいそう。
それでも獄死したサンチョよりは幸せだったのでしょうが…。
ファン2世の時代までってことはずいぶん長生きしたのですね。
今日、本屋で「スペインパラドール紀行」という本を立ち読みしていましたらば、カルモナの壁が真っ赤に塗られたお部屋の写真に
「朱に交われば赤くなるというが、ここでは残酷王に感化されることなく愛隣の時を過ごせる」
というキャプションがついてました。ひ、ひどい。買うのやめました…

Mlle Cさまへ
私がものすごく不安になるのは、この時代の人たちが意外に長生きだってことなんです(汗
生年没年ほんとに大丈夫なのかなー???
いくつかの資料をつき合わせてるので大方間違いはないと思うのですが…うーん。
>スペインパラドール紀行
Amazonで購入しましたが、はっきり言ってハズレでした。
情報も写真も少なすぎ。タダでもらったパラドールガイドの方がよっぽど役に立ちます。
おまけに王様の悪口を…!
アンタ王様のことどこまで知ってるって言うのよっ!!!!キィィィィッ!!!!
…城を守り通したロペスが報われません(号泣

王様の子孫って実はすんごい長生きの家系だとか…?
>スペインパラドール紀行
おお、お持ちでしたか!
確かに物足りない内容でした。
もっとパラドールの来歴とか、歴史話をたくさん入れて欲しかったですよ。
あと、とりあえず著者にはアルカサルを嫁と言いたい。

Mlle Cさまへ
>アルカサルを嫁
カルモナのパラドールを取り上げるならアルカサルを読まなくちゃですよね。うんうん。
リゾート型のパラドールは別ですが、古城や歴史的建造物を利用したパラドールについては、そこを彩った人々、歴史的な出来事についてのエピソードは必要不可欠だと思います。そういった知識なしにパラドールを宿泊するのってすごくもったいない気がするのですが…

No title

今頃コメントつけてゴメンなさい。
エンンリケ4世の2番目の妃、フアナについて検索していたら10年経っても結局、くみぞうさんに行き当たるという(驚愕)

この記事にある エル・モソ とは、ペドロ・デ・カスティリア・イ・フォンセカ でしょうか?
ディエゴ サンドバル → ペドロ サラザール → ペドロ フォンセカ (デ・カスティリア 略) で合ってるかしら?

あってます!

すっかり放置でモンティエルの城なみに荒れ果ててます…
どうしたらいいんでしょうか(笑)

ペドロ エル・モソ=ペドロ・デ・カスティリア イ フォンセカですね
エル・モソとエンリケ4世妃ジョアナ・デ・ポルトガル(ポルトガル王エドゥアルド1世とアラゴン王女レオノールの娘)との間には双子の息子が生まれました
フアナ・ラ・ベルトラネハの異父弟にあたりますね
やりたい放題に生きられてうらやましいような(笑)
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。