スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルティン・ロペスについて暑苦しく語る

アルカサルの中ではやっぱりドン・ペドロが好き。
子だくさんだろうと柱の陰で浮気してようと、大きな国の王様で特別な人だからいいのよbyベアトリス
ロドリゲスも大好き。でも、色んな意味で王様あってのロドリゲスなわけで、王様の最期までずっと味方でいてくれるから好き、と言えるかも。
そしてマルティン・ロペス・デ・コルドバ。寡黙で、忠実で、腕の立つイイ男。
実際はベラベラしゃべる典型的なラテン男だったら…いやだ。
「デ・コルドバ」の名が示すとおりコルドバ出身の貴族である。

ロペス初登場のエピソードが最高!
篭城中の仲間割れについてはメリメの史伝にも書かれているけれど、それをロペスとからめてあんなにも劇的なエピソードに発展させるとは、青池先生って本当にすごい。
見過ごすようなちょっとしたほつれに指を突っ込んで大穴あけた、みたいな←貧乏人発想
ロペスって冷徹一辺倒?と思わせておきながら、海辺で1人思いを巡らせるドン・ペドロを気遣って「王様がこっちを向くまで静かに待つんだよ」(コミックス12巻)と、鼻を鳴らすお馬さんをなだめる姿に胸キュン。
私が馬ならいつまでも待ってるよ。

普段「王よ」とか呼ぶのにお馬さん相手には「王様」とか言っちゃってるし、子供や動物にはお優しいに違いない。アラベラをなだめてきます!とか言ってたしな。…野暮天なロペスがどうやってなだめるつもりだったのかわからんが。
ところで、マリアを見つめるロペスの視線が気になるのは私だけだろうか…?

今はもう存在しない、過去の歴史の中に生きていた人たちのお話だけれど、読むたびにドキドキするし、切なかったり、苦しかったり。過ぎたことよと割り切れないほど思い入れてしまう。
再開の見込みはわからないけれど、この先青池先生はどんな風に描くんだろうと思いつつ今日も暑くるしく語ってしまった。
スポンサーサイト
La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。