スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑は愛の色-ランカスター公爵夫人の書

青池先生の公式サイトで日本語版が出版されていることを知った、アニヤ・セットン著/佐藤勉訳「緑は愛の色―ランカスター公爵夫人の書 ―キャサリンの愛と苦悩の物語―」(近代文芸社)。
私は、マリア・デ・パデリアやコンスタンシア、ファーヒタのような、女性としての魅力を持ちながらも芯の強い、男前なキャラが好き。
どんな立場におかれても矜持を忘れず、対抗心を持ちながらも相手への尊敬を忘れない。もしくは徹底的な悪役、憎まれ役とか。
この時代の物語を日本語で読めたのは収穫だったと思うけれど、キャサリンにはちっとも共感できず好感も持てなかったので、悶々としながらも読み進めていたものの、これ以上読むのはツライかも…と思った部分がある。ロンドンで暴動が起こり、キャサリンが彼女の領地であるケトルソープへと逃れる決断をしたときの心情。

ジョンはケニルワースの贅沢な生活から彼らの二人の幼児を連れていくことに一時は不快感を示すかもしれないが、子供たちは彼女と同様に明らかに彼に関心を示していないのだから、彼の抗議も形式的なものに過ぎないだろう。彼はフィリッパに対してもエリザベスに対しても自らの義務を怠っているのだから、彼女を非難する理由がないはずだ。

…激萎え。
純粋可憐な少女、貞操な妻、情熱的な恋人、優しい母親、賢い領主…と様々に描写されているのに、キャサリンがどんな女性なのかよくわからなかった。何回か読み込んでみないとわからないだろうけど、もう読むことはない気がする。彼女以外の女性が基本的に容姿も性格も良くは書かれていないのも、主人公独り勝ちって感じでうんざりだった。
「作者の覚書」には、

「キャサリン・スウィンフォードと偉大なるランカスター公爵ジョン・オブ・ゴーントの物語を語る際に私は終始よく知られている歴史的事実以外は利用しないように努力した。そうした事実は十四世紀にはその多くが知れ渡っている。歴史に基づいて物語を書き進めるからには、自分の都合だけで、時、場所、人物を創作しないようにも努めた。」

とあり、

「勿論、物語の進展や動機に私自身の解釈を時には持ち出す必要があった。しかしその場合にもそのことが正当であり、蓋然性があると確信している時である。」

ともある。
一般的に知られていると思われる彼らの関係、歴史的背景とは異なる部分もあり、どこまでが創作なんだろう??と疑問に思いつつ、いや、でもまるっきりの創作でもないらしいしな…と、もやもや。
これを解消するためにもジョン・オブ・ゴーント記を読んでしまわなくては…。
そして…

続きを読む

スポンサーサイト

tag : コンスタンシア ジョン・オブ・ゴーント イサベル キャサリン・スウィンフォード

女王フアナ



ドン・ペドロは登場しないが、読み終えたので。
言わずと知れたドン・ペドロの末裔フアナ・ラ・ロカ。

ドン・ペドロ                エンリケ
  ↓                     ↓
コンスタンシア              ホアン1世
  ↓                     ↓
カタリナ・デ・ランカスター    エンリケ3世
                 ↓
               ホアン2世
                 ↓
              イサベル1世
                  ↓
                フアナ

この映画が公開された当時友人に誘われたものの何かと都合がつかず見に行けなかったのでとりあえず本を買った。
私は本を買ったら帰宅後すぐ読むし、読まずに捨て置く本はほとんどありません(ただし日本語に限る)。
が、この本は例外。なんとなく開いた解説(桐生操)を先に読んだのがまずかった。
結局、読まれることなく本棚に忘れていたのを数日前に読了。

「女王フアナ」自体は大変良い本だった。
世におもしろおかしくいわれる「狂女王」の伝承を引用した本とは一線を画し、
病んではいるけれど、夫にも子供たちにも愛情深く、誇り高い女王として書かれている。
あぁ、きっとそうだったんだろうな。フアナラヴ…

なんて感動を打ち消してしまうのが解説。
解説って、あんたこの本読んでないでしょっていう。
自分が知っている「狂女王」の伝承について書きなぐりました、ハイ終わり。といった感じ。
おまけに、フィリップ美公は「フェリペ」となってるのにイサベル女王は「イサベラ」
ガリシア地方に至っては「ガルシア」←誰だよ
解説は読まないよう強く勧める。
映画の方は、私としてはちょっと内容が薄く感じられるが映像は美しく楽しめる。





ふと気付いたのだが、フアナの随行団長のエンリケス提督、年代から考えて当時のカスティリア提督ファドリケ・エンリケス(1457-1537)か。
ということは、フェルナンド2世の母フアナ・エンリケスの異母弟の子。
同名のファドリケ・エンリケス(1390-1473・ファドリケの孫)もカスティリア提督。
ファドリケの子孫なのか。

tag : ファドリケ

La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。