スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月15日(火) アルマグロ→マドリッド

シウダ・レアルへ

ヘススさんは10時ぴったりにパラドールに迎えに来てくれた。
「スペインへは1人で来たのか?」「他はどこに行ったんだ?」とか、昨日より少しおしゃべりになってる。
シウダ・レアル駅に到着。「良い旅を」と言って強く握手してくれた。



オテル・アローサ

宿泊先はオテル・アローサ。
カサ・デル・リブロのすぐ近くだったのとどこに行くにも便利そうだったので選んだ。
でも、今回の旅では1番よくなかった。変な形のエレベーターは話のネタにはいいだろうけど。
部屋に荷物を置いたあとエル・コルテ・イングレスでSDカードを買い、博物館へと向う。



考古学博物館

街ではテロがあったとか、火事があったとかでおまわりさんがあふれていた。
地下鉄での移動を考えていたけれど天気がいいのでテクテク歩いてるうちに博物館前まで来ていた。
展示室の番号はあらかじめ聞いていたのでまっすぐ34番の部屋へ行き、ドン・ペドロ礼拝像とご対面。
ほとんど人はいないので王様独り占め。
売店で本を1冊とポストカードを買い、物思いにふけっているうちについつい表に出てしまった。
他のものも見ておこうと思ったのになにやってんだ私。
ちょっと足を伸ばしてサンパカでチョコ購入。チョコは断然日本のがうまい。
ホテルに帰って荷物を置き、プラド美術館に向った。



プラド美術館

ルーベンス展が開かれていた。絵心のない私、感想をうまく伝えられないのが残念。
フラ・アンジェリコの受胎告知を見てプラド美術館きたー!とやたら感動。
ベラスケスの展示室に入ったときには、なんだかよくわからないけれど総毛立ってしまった。
売店でビルチェス伯爵夫人のポストカードなどなどを物色してると閉店3分前に追い出されてしまった。
かろうじて買い物はできたもののゆっくり見られなかったのが残念。
美術館近くの露天で少佐とおそろいのシャツを発見し買おうかどうしようかかなり迷ったものの断念。意気地なしめ。
ショーウィンドウを眺めながら夜道をてくてく歩いてホテルまで戻った。

この日の宿泊先:オテル・アローサ(マドリッド)

スポンサーサイト

tag : 考古学博物館 礼拝像

La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。