スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア・デ・パデリヤ

幼少期のドン・ペドロは後見人であるダルブルケルケの邸で育てられていた。
父王アルフォンソ11世の死により1350年カスティリア王に即位し、その2年後マリア・デ・パデリヤを愛妾に迎えた。

マリア・デ・パデリヤは、ビリャヘラの領主ディエゴ・ガルシア・デ・パデリヤとマリア・ゴンサレス・デ・イネストロサの娘として1332年に生まれた。
父が亡くなり持参金を整える望みがなくなったことから、マリアはダルブルケルケの妻イサベル・デ・メネセスに仕えることになる。雇い主には、彼女らに貴族的な行儀作法を教え、持参金の援助と結婚の手はずを整える道義的な責任があった。
1352年春。マリアが20歳のとき、メリメの史伝によればダルブルケルケの計画により2人は引きあわされた。
ドン・ペドロはダルブルケルケに決められた結婚を嫌ってブランシュ・ド・ブルボンを遠ざけたようにも言われている。
ではなぜダルブルケルケにより差し出されたマリアは、ドン・ペドロの寵愛を得たのか?
ドン・ペドロは、同年4月にダルブルケルケの所有するモンタルバンの城に逗留しており、このときにマリアの存在に気付いていたかもしれない。マリアはドン・ペドロ自身が選び、望んだ相手だったのだろうか。
1ヵ月後の5月、マリアは母方の叔父であるイネストロサにより王のもとへ導かれる。
9ヵ月後には、長女ベアトリスが誕生した。

マリア・デ・パデリヤは小柄で髪は黒く、気品にみち、優しく魅力的で賢い女性だった。激しやすい王の気性を静め、敵対者たちに対しても王の憐れみを求めた。
王の恋愛は頻繁に繰り返されたが、王が生涯唯一もちつづけた愛情はマリアに対してだけだった。

フランスとの同盟強化のため、ダルブルケルケはドン・ペドロの結婚相手にブランシュ・ド・ブルボンを選び、1352年11月4日ドン・ペドロは契約に署名。
ブランシュは従者とともにバルセロナに赴き1353年2月にバリャドリドに到着したが、ドン・ペドロは未来の王妃にまったく興味を示さなかった。
バリャドリドで開かれた結婚祝賀会の2日後、ドン・ペドロはマリアに会うため王妃を放置してモンタルバンへ向かう。

1354年次女コンスタンシア誕生。
マリアは王の戦争や移動に同伴せず、子供達とともにほとんどをセビリアで過ごしていた。
ドン・ペドロとの間には、ベアトリス、コンスタンシアに続いて1355年にイサベル、1359年にアルフォンソと、4人の子供達を得た。
政治的、私的に孤立するたびに、ドン・ペドロは偏執狂的な傾向を現わすようになり、その最たるものはファドリケ殺害という兄殺しであった。
マリアは疑うことなく王のもとへ向かうファドリケを助けようとする善良な女性だったが、王の非情さと敵方の喧伝により、サロメのような女としてロマンセロにうたわれてしまう。

マリアは「王の娼婦」と侮辱されたことを恨み、
王に対しその兄であるファドリケの首を求めた。
首を得たマリアはファドリケの飼い犬にそれを投げ与えた。
彼女よりも人間らしいその犬は、それが主人であると認めると傍らに跪いた。


1361年グラナダ侵攻の準備のさなかにドン・ペドロの2人の妻、ブランシュ・ド・ブルボンとマリア・デ・パデリヤが亡くなった。
ドン・ペドロは即時にマリアを王妃と宣し、1354年にマリアが創立したアストゥジヨのサンタ・クララ修道院への埋葬を命じた(後にセビリアの王室礼拝堂へ移される)。
ドン・ペドロにとって王位継承は急を要する問題となり、1362年セビリアでコルテスを召集。ブランシュとの結婚以前にマリアと結婚しており、彼女は正式な王妃であるとの申立てがなされた。
マリアの兄ディエゴ・デ・パデリア(ディエゴ・ガルシア・デ・パデリヤ)、既に亡くなったマリアの叔父イネストロサ(フアン・フェルナンデス・デ・イネストロサ)、印璽尚書アルフォンソ・デ・マヨルガ、王室礼拝堂付司祭フアン・ペレス・デ・オルドゥーニャなど数人の要人が証人であると宣言された。
ドン・ペドロはマリアとの1人息子アルフォンソを正統な王位継承者として宣誓するが、同年10月アルフォンソ王子は亡くなる。
1363年ブビエルカの集会では、王位継承の第1位に長女ベアトリスを、ベアトリスが男児をなさなかったときには、続いて2人の娘が王位を継承するよう指名した。
ベアトリスは1358年の約定でポルトガル王の後継者と婚約が決まっていたが、結局トルデシリャスの修道院に入り、コンスタンシアはランカスター公と、イサベルはその弟のヨーク公と結婚した。

現在、マリアはドン・ペドロの遺言によりセビリアの王室礼拝堂で眠っている。

…私の体はセビリアに運び、新たに作らせる礼拝堂に埋葬せよ。
右手には我が妻、王妃ドニャ・マリアを、
左手には我が息子、継承者のドン・アルフォンソ王子を…
スポンサーサイト

tag : ダルブルケルケ イネストロサ

La petrista del siglo XXI

くみぞう

Author:くみぞう

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

キャサリン・スウィンフォード コンスタンシア 外伝 公爵夫人の記 モンティエル 完結 セビリア カルモナ マルティン・ロペス チョーサー ジョン・オブ・ゴーント イサベル エドムンド バイヨンヌ ファドリケ パラドール アルマグロ シウダ・レアル サンティアゴ・デ・コンポステラ ロドリゲス 考古学博物館 ファルコ 礼拝像 ペードロ イネス・デ・カストロ カタリナ ホアナ・デ・ビレナ ダルブルケルケ カンタベリ物語 イネストロサ ジョアン デュ・ゲクラン JohnofGaunt ジョーン ホアナ・デ・カストロ ブランシュ・ド・ブルボン ブランカ・デ・ナバーラ メリメ カブレラ レオノール・ロペス 

CustomRssReader
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。